nikkei BPnet 「全分野」最新記事一覧

RSSフィーダーのメインページへ

管理者はこうしてデータ偽装を防ぐ
神戸製鋼所の品質データ偽装と日産自動車の検査不正が発覚し、日本の製造業が培ってきた品質の信頼に揺らぎが生じている。法令遵守(コンプライアンス)問題と片付けるのは簡単だが、「高い倫理観に基づいた職場風土を求めるだけではこの問題は解決しない」…


Volvo社の中型SUV「XC60」、操舵支援で衝突回避
スウェーデンVolvo社は2017年10月16日、日本で中型SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)「XC60」を発売した。2代目となる今回は、操舵支援で前方の障害物や対向車、後側方の車両との衝突を回避する機能を備えたのが特徴。前方…


乳がん経験者の本音、どんな不安や困りごとがある?
女性にとって身近な病気である「乳がん」。克服してこれまで通りの日常生活に戻った後、不安や困りごとは多そうです。そこで、経験者は、どんなことで不安になったり困ったりしているのかを、全国の乳がん経験者325人に調査。「生活」「経済」「仕事」に…


3日で効果が ガサガサかかと&すねのケア方法はコレ
「ハンドクリームを使っているのに乾燥する」「毎年肌荒れを繰り返す」という人も多いのでは? 実は手ごろな市販のクリームも、“量”が適正ならたいていの肌荒れを改善できることが判明! “たっぷり使い”を続ければ、効果は3日で表れるはず。さっそく…


帰り際たった5分の前倒しで想像以上に仕事が進むコツ
やらなきゃいけない仕事はあるけれど、つい後回しにしてしまう……。そんなこと、ありませんか? 「まだ時間があるから」とか「モチベーションがイマイチ上がらない……」などと言い訳をしていると、納期はあっという間にやって来ます。直前で焦らない人に…


第44回 こだわりのラインナップ、銀座ロフトの文具
厳選された雑貨が揃っているロフト。なかでも、次世代に向けた新しいカタチの大型店、銀座ロフトが今年の6月にオープンし、注目されています。文具もこだわりのラインナップで、見たことがないようなものも多数。今回は、珍しいものやおもしろいもの、実用…


人と人はなぜ分かり合えないのか―話題作の監督が問う
捕鯨問題を扱った長編ドキュメンタリー映画「おクジラさま ふたつの正義の物語」が公開され話題を呼んでいる。監督は、ニューヨーク在住の佐々木芽生さん。捕鯨問題というと「難しそうだ」と捉えてしまいがちだが、実はテーマは「多様性」。佐々木さんは、…


リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。
業績が右肩上がりのタイミングでは、市場環境の変化は見えにくい。


同じに見えてすべてが新しい2代目「N-BOX」
意外に思う読者もいるかもしれないが、軽自動車というのは、実は新技術が真っ先に導入されることが多い。今回取り上げるホンダの2代目「N-BOX」もその一例である。


「リファラル採用」で目標を絶対達成するには
「リファラルリクルーティング(リファラル採用)」を取り入れる企業が増えているそうです。社員による推薦や紹介のことです。リファラル採用で入ってきた社員は定着率が高く、しかも成果を出すと言われています。ただし、この手法を取り入れて成果を出すに…


アサヒビールが増産する飲料は?
10月23日の日本経済新聞電子版から、ビジネスパーソンが押さえておくべきトピックを10問10答形式でお届けします。


人間は「移動しない存在」になってしまうのか?
20代の若者の「外出嫌い」「家好き」が加速している。20代若者は、70代の高齢者よりも外出をしなくなった。インターネットが20代若者の“ひきこもり”を加速させているかもしれない。やがて人間は「動かない生き物」になってしまうのだろうか。


西室氏の「老害」だ、と責任逃れを図ってない?
2007年、西室さんが東証の会長をされているときにインタビューをさせていただいたのだが、そのときの西室さんの語った内容は、私が歳を重ねれば重ねるだけ深みを増す。西室さんが紡いだ一語一句を今もなお鮮明に記憶している。


内臓脂肪が減る、血糖値上昇も抑える…大麦が注目される4つの理由
肥満対策、メタボ対策のために、“減らしたほうがいい”と思いがちなのが「主食」。しかし、主食は私たちの健康を左右する大切な食べ物だ。主食を「何でとるか」が、血糖値はもちろん、メタボ、さらには寿命にまで影響することが、最新の研究によって分かっ…


秋になると気になるカサカサ肌、最新の対策は?
菊池皮膚科医院(東京都荒川区)の菊池新院長は「皮膚の最表面にある角質層が持つ保湿機能について新しいことが分かってきた」と話す。そして、この肌がもともと持っている機能をサポートようなスキンケアや生活改善を行うことで、冬の肌荒れは効率よく改善…


フランフランやニトリが「OtoO」に見出した活路
何か欲しいと思ったら、まずはインターネットで探す──。EC(電子商取引)が普及した今、衣料品や食料品を購入する際にまずネットで下調べし、そのまま見つかれば即購入という流れが定着している。


Daimler社、中国にエンジン再生工場を建設
ドイツDaimler社は2017年10月19日、部品製造を手掛けるMercedes-Benz Parts Manufacturing & Services(MBPM)社が、中国の上海において部品再生工場の建設を開始したと発表した。


台湾にも超高速開発の波、「Wagby」担ぐアライズイノベーションが台湾企業と業務提携
AIと超高速開発、クラウドサービスを組み合わせたITサービスを手掛けるアライズイノベーションは2017年10月23日、台湾のシステムインテグレーターであるシスコム・コンピュータ・エンジニアリングと超高速開発分野で業務提携したと発表した。


KDDIもiPhone Xの価格を公表、大手3社が出そろう
KDDI(au)は2017年10月23日、11月3日に発売する米アップルの「iPhone X」の価格を公表した。64Gバイトモデルは12万8160円、同256Gバイトは14万6400円。


金属フリー・可視光・近赤外光で水素を生成、阪大が世界初
大阪大学は9月26日、完全金属フリーの太陽光広帯域応答型光触媒を開発したと発表した。可視光・近赤外光を照射して水から水素を効率よく生成できる。


検針の作業負担を軽減へ、3G回線で異常検知も
佐鳥電機(本社東京)は、マンションに置かれている受水槽の遠隔監視などができるシステムを「FACTORY 2017 Fall」(2017年10月11~13日、東京ビッグサイト)に出展した。受水槽に無線モジュールとセンサーを設置することで、セ…


積水ハウスが「RE100」加盟、リコーに続き国内2社目
積水ハウスは10月20日、事業活動において使用する電力を100%再生可能エネルギーにすることを目指す「RE100」イニシアチブに加盟したと発表した。


シンガポール政府投資公社、ゴールドマン系JREに出資
シンガポール政府投資公社(GIC)とジャパン・リニューアブル・エナジー(JRE、東京都港区)は10月20日、GICの関連会社が、JREの親会社であるジーエス・リニューアブル・ホールディングス合同会社(GSRH)に資本参加したと発表した。


コンテナ基盤などの新興技術が前年同期比で4割増、Red Hat
米Red Hat社の社長兼CEO(最高経営責任者)のJim Whitehurst氏は2017年10月20日、東京で開催されたプライベートイベント「Red Hat Forum Tokyo 2017」のために来日し、午後のプレスミーティングで…


東京メトロが訪日外国人向け車内Wi-Fi拡充、2020年夏までに全路線全車両に導入へ
東京メトロは2017年10月23日、一部の車両内で訪日外国人向けに無料で提供中の無線LANサービスを、2020年夏までに同社全路線全保有車両へ導入することを目指すと発表した。


凸版、マイナンバー含む本人確認書類を提出できる金融機関向けスマホアプリ
凸版印刷は2017年10月23日、金融機関の利用者がスマートフォンのカメラでマイナンバーを含む本人確認書類を撮影して金融機関に提出できるアプリ「Speed Entry Mobile for ID」を開発したと発表した。


「チャットボット、今はAIより選択ボタンが優秀」、チャットプラスCEO
「AIで受け答えをするチャットボットの業務利用はまだ早いと思う」。パイプドビッツが2017年10月20日開催した「SBCF 2017」に登壇したチャットプラスの西田省人CEOは、企業のWebサイトに設置するチャット機能とチャットボットの現…


三菱マテリアル、中国の技術サポート拠点を移転・拡充
三菱マテリアルは、切削加工に関する技術サポートを展開する中国の「天津テクニカルセンター」を移転させ、設備を拡充した。切削工具について総合的にソリューションを提供し、自動車メーカーをはじめとした現地企業へのアプローチを強化する。


東芝機械、インダストリー4.0対応を見据えた射出成形機
東芝機械は、電動射出成形機「EC」シリーズのラインアップとして、周辺機器との接続機能を高めた「同SX III」シリーズを開発した。成形機から機能の一元設定・モニタリングが可能。成形条件と周辺機器の設定を一括管理することで、設定ミスの防止と…


三菱電機、サーボモーター/アンプの生産能力を7割向上
三菱電機は、FA機器を生産する名古屋製作所(名古屋市)と中国の三菱電機自動化機器製造(常熟)公司で設備投資を行う。新しい設備は2018年4月から稼働する予定だ。これにより両拠点を合わせたサーボモーター・アンプの月産能力を、従来比で約170…


積水ハウス、事業活動で使う電力を100%再生可能エネルギーにすることを宣言
積水ハウスは、事業活動で使う電力を100%再生可能エネルギーにすることを宣言した。2040年までに実現する。太陽光発電システムを搭載する住宅オーナーから余剰電力を買い取る。


東レ、LiB用セパレーターフィルムの生産能力を向上
東レは、Toray Battery Separator Film Korea社(以下、TBSK社)においてリチウムイオン2次電池(LiB)用セパレーターフィルム(BSF)「セティーラ」の生産設備を増強する。併せて、Toray BSF Co…


ヤマト運輸、三菱ふそうの電気小型トラック「eCanter」導入、宅配事業者で初めて
ヤマト運輸は、三菱ふそうトラック・バスが開発した電気小型トラック「eCanter」を導入する。関東地域で宅配便などの集配に使用する。宅配事業者として最初の採用企業となる。


三菱地所ホーム、マンション用の省エネ性に配慮した新型全館空調システムを販売
三菱地所ホームは、マンション用の省エネ性や健康に配慮した新型全館空調システム「新マンションエアロテック」の販売を始めた。リフォームブランドとして展開して普及を図る。


日本生命保険、オーストラリア海水淡水化プラント運営プロジェクトに融資を実行
日本生命保険は、オーストラリア・ビクトリア州の海水淡水化プラント運営プロジェクトに融資を実行した。渇水対策を担うプロジェクトを支援する意義のある取り組みと判断した。


東京ガス、幹線パイプライン「古河~真岡幹線」の工事完了、ガスの供給を開始
東京ガスが建設してきたガスの幹線パイプライン「古河~真岡幹線」の工事が完了し、ガスの供給を始めた。茨城県古河市と栃木県真岡市を結ぶ。産業用を中心にした需要に応える。


JR西日本、車両の状態監視装置を導入
JR西日本は、在来線の車両配置箇所に車両状態監視装置を導入する。車両通過時に、電車の屋根上、パンタグラフおよび車輪の状態を自動的に把握するもの。不具合の未然防止や人手による作業の軽減・安全性向上につながるという。装置は三菱電機製。2018…


ソースネクストが携帯型通訳デバイス「POCKETALK」、ソラコムのSIMを利用
ソースネクストは2017年10月23日、都内で新製品発表会を開催し、世界50言語の双方向通訳に対応した携帯型デバイス「POCKETALK」を発表した。12月14日に発売する。


ソニーがMobileyeとタッグ、業界初の742万画素の車載撮像素子
ソニーは、ADASや自動ブレーキ、自動運転などで用いるセンシングカメラシステムに向けて、新しいイメージセンサー製品「IMX324」を開発した。サイズは1/1.7型。画素数は約742万画素(水平3849×垂直1929画素)で、車載向けとして…


三井化学子会社、台湾に半導体製造工程用テープの製造会社設立
三井化学の完全子会社である三井化学東セロは、台湾に半導体製造工程用テープ「イクロステープ」の製造・販売を行う新会社「台灣東喜璐機能膜股份有限公司」を設立する。新会社は、三井化学東セロの完全子会社として2017年11月に設立し、営業運転の開…


弘前COIが「新型健診」で挑む意識・行動の変容
「ビッグデータから病気を予測するだけでは世の中は変わらない。意識や行動まで変える必要がある」。弘前大学 副理事(研究担当)・教授/COI研究機構(医学研究科) 戦略統括の村下公一氏は、「デジタルヘルスDAYS 2017」(主催:日経BP社…


守谷市、商業施設の跡地活用策を探るサウンディング調査を実施
茨城県守谷市は、市南部のみずき野地区にある商業施設跡地の活用策を探るため、サウンディング型市場調査を実施する。参加申し込みは11月22日まで。対話は11月27日~12月6日の期間で、1事業者あたり30~60分程度の予定だ。


NECと医療法人社団KNI、AIで入院患者の不穏行動などを予測する技術
NECと医療法人社団KNIは2017年10月23日、人工知能(AI)を活用した医療業務の効率化に向けた取り組みを開始すると発表した。


【EMF事務局から38】築地問題にも触れる、10/27に魚シンポジウム開催
事務局の藤田です。10/27に魚シンポジウムを開催します。今年は世界で最も人気のある水族館「米モントレーベイ水族館」の副館長マーガレット・スプリング氏をお呼びしました。モントレーベイ水族館は海洋保全に取り組むパッカード一族が支援・運営して…


みんな電力のオウンドメディア、ジワリ契約獲得
電力業界に吹き荒れる値引き競争の嵐を横目に独自路線をゆく新興新電力、みんな電力。発電所を選べるようにした「顔の見える発電所」などのサービスに加えて、みんな電力の潜在顧客拡大に効力を発揮しているのがオウンドメディア「ENECT」だ。自前編集…


UQ、スマホ2機種とモバイルルーターを発売
UQコミュニケーションズは2017年10月23日、携帯電話サービス「UQ mobile」の秋冬モデルの新機種を発表した。富士通製の「arrows M04 PREMIUM」を10月26日に、シャープ製の「AQUOS sense」を11月下旬…


セブン銀行、LINE Payと全国2万3000台強のATM提携サービス
セブン銀行は2017年10月23日、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」を提供するLINE子会社のLINE Payと、ATMの利用提携サービスを開始した。全国に2万3000台以上あるセブン銀行のATMで、LINE Payカードや…


「人を理解する」AI技術、トヨタが超小型EVに適用
トヨタ自動車は、人工知能(AI)技術を適用した超小型電気自動車(EV)を「第45回 東京モーターショー 2017」(東京ビッグサイト、一般公開:10月28日〜11月5日)で公開する(図1、2)。名称は「TOYOTA Concept-愛i …


Rockchip、4K HDR STB向けSoCを発表
中国Rockchip Electronics社は、4K HDR STB向けのSoCとして「RK3328」を発表した。競合製品に比べてUSB 3.0を標準実装していることを優位点としており、外部にUSB HDDを接続した場合の転送速度が競合…


TSMC、10nmプロセスの売上比率が10%に
台湾TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Company)社の2017年9月30日締めの四半期決算は減収減益だった。売上高が前年同期比3.2%減の2521億台湾ドル、営業利益は同7.7%減の980…


「120km/hに耐えられる」、東洋ゴムのエアレスタイヤ
“見慣れぬ”タイヤを装着して超小型電気自動車(EV)が軽やかに走る――。これは東洋ゴム工業が2017年9月に実施した技術体験会の一幕だ。装着するのは同社が開発した空気充填不要(エアレス)なコンセプトタイヤ「noair(ノアイア)」である。…


「ビジネスプロセス管理との融合がカギ」、日本IBMがRPAツール出荷
日本IBMは2017年10月20日、PCを使った定型業務を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ツールの新製品「IBM Robotic Process Automation with Automation Anywh…


経産省が語る、「生涯現役社会」への施策
日本はものすごいスピードで高齢化が進んでいる。これからは生き方を変えていかなくてはならない――。「デジタルヘルスDAYS 2017」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)の初日カンファレンスのトップバッターを飾った経済産業省 商務…


英国政府、5G技術開発支援のコンペ開催、2500万ポンド用意
英国デジタル・文化・メディア・スポーツ省(Department for Digital、Culture、Media & Sport、DCMS)は2017年10月16日、国内の5G(第5世代移動通信システム)技術開発支援を目的とするコンペ開…


選挙期間中の株価上昇、自民党への追い風に
第48回衆院選は、安倍政権の継続を掲げた自民党が圧勝した。その背景には希望の党など野党の“敵失”もあったが、同時に選挙期間中に株価が上がったことも自民党にとって追い風となった。景気が徐々に“温まってきている”予感を有権者が感じていたのでは…


米アトランタのドーム型競技場、太陽光パネル4000枚を設置
米国ジョージア州のエネルギー大手であるジョージア・パワー(Georgia Power)社は10月17日、州都アトランタの都心部にあるドーム型競技場「メルセデス・ベンツ・スタジアム(Mercedes-Benz Statdium)」に太陽光パ…


「デジタルツイン」はなぜ必要なのか
「つながる工場」をさらに発展させ、真の「スマート工場」にするための考え方として、「デジタルツイン」があります。一部ではCPS(Cyber Physical System)も、ほぼ同意で使われることがあります。「デジタルツイン」の考え方のキ…


【30周年特別企画】必見!ヒット商品アーカイブス【1987】
「日経トレンディ」は、1987年の創刊から30周年を迎えました。特別企画として、創刊時から毎年発表してきた「ヒット商品ベスト30」を7日間連続で振り返ります。


内閣官房が語る、「次世代医療基盤法」で何ができるのか?
内閣官房 健康・医療戦略室 参事官の岡本利久氏は「デジタルヘルスDAYS 2017」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)2日目のカンファレンスに「次世代医療基盤法の狙いとその先の未来像」と題して登壇。同法の背景や概要、ポイントと…


日立が「生産計画を自動生成するAI」を提供開始、新日鉄住金と実証実験
日立製作所は2017年10月23日、生産計画や配車計画といった計画を自動作成して計画業務を効率化する「Hitachi AI Technology/計画最適化サービス」を10月24日から提供開始すると発表した。現在、第1号として新日鉄住金と…


Facebook、競合状態検出ツール「RacerD」を公開
米Facebookは、競合状態という古くからの問題に対処するためのツール「RacerD」を、同社がオープンソースで提供している静的コード解析ツール「Infer」の一部として公開した。


なぜ医学部がベンチャー創出を推進するのか
「なぜ医学部がベンチャー創出を推進するのか」。こうしたテーマの公開インタビューが、「デジタルヘルスDAYS 2017」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)3日目のオープンシアター主催者企画として開催された。登壇したのは、慶応義塾…


Qualcomm、中位機向けSnapdragonを40%高速に
米Qualcomm社は、ミッドレンジスマートフォン向けプロセッサーIC「Snapdragon 636」を発表した。5月に発表した「Snapdragon 630」の上位品種となる。


オバジ、肌ラボ、エピステーム、そして……? ロート製薬株式会社 山田邦雄さんの挑戦は続く
「etRouge」創刊以来の人気連載をweb版にて再録。化粧品ビジネス、コスメを仕事にした経営者・社長に「etRouge」編集長・麻生綾がインタビュー。今回は“ベンチャー企業スピリット”で、ロート製薬の化粧品事業参入を大成功させた、山田邦…


TI、外付けスイッチの状態を検出する24入力対応IC
米Texas Instruments(TI)社は、外付けスイッチの状態を検出する24入力のMSDI(Multiple Switch Detection Interface)対応IC「TIC12400/ TIC12400-Q1」を発売した。…


Vishay、効率が98%と高い60V入力降圧型DC-DCコン
米Vishay Intertechnology社は、ピーク時の変換効率が98%と高い降圧型DC-DCコンバーターモジュール「SiC46x」を発売した。電源制御ICとパワーMOSFETを1パッケージに収めた。同社の降圧型DC-DCコンバータ…


遠隔診療にバイタルサイン活用、アポロンとYUWA
YUWA 代表取締役社長の朴元浩氏は、「デジタルヘルスDAYS 2017」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)3日目のオープンシアターに登壇し、「厚労省の通達に準拠した遠隔診療システム導入のご提案」と題して講演。同社が企画に協力…


ERPシステムの選定と導入でありがちな11の誤り(上)
現在のERP(統合基幹業務システム)は、オンプレミス型やSaaS型、さらには特定業種向けのシステムなど、これまでにないほど多彩な種類がある。システムの選定を担う意思決定者が、自社にとって特に重要な機能は何かを検討しようとしても、選択肢の多…


貼り付けるだけの段差解消スロープ
アビリティーズ・ケアネットは、低い敷居の段差を簡単に解消できる「クイックスロープ」を2017年9月に発売した。


人工知能「SENSEI」の優位性は?「Experience」はBtoBに役立つか?アドビ ハモンド氏に聞く
アドビ システムズは2017年9月東京で、「顧客体験をビジネスの中心に」をテーマにマーケティングカンファレンス「Adobe Symposium 2017」を開催した。Sympoiumのため来日したAdobe Experience Clou…


“眠れるZEH”を無視するリスク
この記事をご覧になっている方の大半は、「ZEH(ゼッチ)」という言葉をご存知でしょう。しかし、住宅に関連した仕事に従事していない人にとっては、まだまだ耳慣れない言葉のようです。


「顧客体験の進化でBtoBマーケティングはBtoCと融合する」---IDC Japan眞鍋氏
2017年9月28日の「BtoBセールス&マーケティングSummit Autumn 2017」で、IDC Japan ソフトウェア&セキュリティ/ITスペンディンググループディレクターの眞鍋 敬氏は、「デジタルトランスフォーメーション(D…


【動画】ピューマの友情行動を初確認、通説覆す
自動撮影カメラが従来のピューマのイメージを覆す珍しいシーンをとらえた。


車載センシング事業、オムロンが売上高50倍目指す
オムロンは、カメラをはじめとする車載センサーを活用した事業を強化する。自動運転の普及によって、車両の周辺や乗員の状況を認識する機能がますます必要になるとみて、センサーデータを顧客価値に変える仕組みづくりを進めていく。


下水管路の劣化、ビッグデータで予測
国土交通省は、自治体が持つ下水道台帳などから集めたビッグデータを活用し、管路の維持管理を効率化する。


「RC-40」の普及革命、都の発注工事から始まる
東京都は再生砕石(RC-40)の利用拡大に向け、全国で初めて建設・解体・処理業界が共同で作成した独自品質基準「東京ブランド“粋な”えこ石」を認証した。公共工事でのRC-40の普及が進むと期待されている。


区画整理事業に伴う移転住宅、桑名市が大和リースらを選定
三重県桑名市は、「桑名駅西土地区画整理事業中断移転住宅整備業務」の事業者を大和リースらのグループ(同社および大和ハウス工業、大和リビングで構成)に決定した。同市が設置した民間事業者との対話窓口「コラボ・ラボ桑名」の「テーマ型提案」の最初の…


深さが直径の100倍、硬い材料に穴を開ける
穴加工においては、その難易度をL/D(アスペクト比)で示します。すなわち穴径(=D)に対して、どれだけ長い(=L)穴なのかという指標です。これが10を超えると深穴加工と呼ばれ、30を超えると通常のドリルでは加工が困難になります。ところが放…


次世代実装技術PLPのカギとなる半導体プラズマ工程
近年、スマートフォン、タブレットPCに代表されるモバイル端末(エッジコンピューティング)の急速な普及によりICチップの薄化・小型化が進んでいる。これに対応してこれらを実装する技術にも高密度・薄型化ニーズが高まっている。その代表例として最近…


サザンの曲と8K映像で東京散歩 8K:VRライドを体験!
ヘッドマウントディスプレーを使わずに2人同時に8K映像のVR体験ができるという、世界初の装置「8K:VRライド」が一般公開される。サザンオールスターズの曲を使ったコンテンツを体験してきた。


世界的統計がない業界は多い、半導体関連企業は自立の時だ
今回のテクノ大喜利では、半導体関連の統計値が不確かになっていることにどう向き合っていったらよいのかを議論している。6番目の回答者は、東海東京調査センターの石野雅彦氏である。正確な統計値がないことを前提にビジネスすることで、得られる力がある…


社外IT人材の活用、うまくいくための近道は「倣う」
先進的にITを活用しているユーザー企業ほど、外部リソースを「うまく」活用しています。うまく使いこなすための鍵は“主体性”です。


仕事の段取りをよくする、個人の働き方改革にすぐ効く13製品
雑務を合理化できた。周囲とのコミュニケーションを円滑にした。次は従業員個々の働き方改革。いかに仕事の段取りをよくするかである。難しいと思いがちだが心配無用。AIやIoTが救いの手を差し伸べている。


溢れるアイデアのゆりかごに、僕らはずっと最先端
かつてない製品を世に送り出す基盤として、賛同する個人から資金を集めるクラウドファンディングが存在感を増している。その元祖の1社といえる米Kickstarter社が、日本市場向けのサービスを2017年9月に開始した。創業者の1人で現在のCE…


ソニーモバイルが小型ロボ Xperia Hello!で狙うもの
ソニーモバイルコミュニケーションズがコミュニケーションロボット「Xperia Hello!」を発表。この製品に込めたソニーモバイルの狙いを探る。


Jリーグがスマホで目指す「三方良し」ビジネス
今年25周年を迎えるサッカー「Jリーグ」は、どんな戦略や中期的展望を持って、どんなことを具体的にしようとしているのか? 2017年8月に公開した公式スマホアプリ「Club J.LEAGUE」の狙いに迫る。


製造業のメガネにかなうIoT基盤、日本NI
「IoTで何かやれ」「工場のダウンタイムを削減するために、機械学習を導入しよう」。上司に言われて仕方なく関連サービスを調べ始めた製造業の保全担当者。しかし、何から手を付けていいのか分からない――。こんな悩みの解消を支援するIoTプラットフ…


道なき道を行くデジタル革命は「do something different」
Oracle OpenWorldに続いて、ベイエリアのIT企業を数社訪問しました。その1社がデル テクノロジーズです。デルEMCのバーティカル戦略を聞かせてもらおうと、テクノロジー担当バイスプレジデントのジョシュア・バーンシュタインさんを…


マツダ「SKYACTIV-X」試乗、ついに明かされたSPCCIのメカニズム
マツダ「SKYACTIV-X」に、ついに試乗した。その舞台は、山口県にあるマツダの美祢試験場。かつては国際格式のレースまで行なわれていたサーキットをマツダが買い取って試験場へと作り替えた施設である。まずはSKYACTIV-Xとは、どんなエ…


スティック形クリーナー 立体おそうじVS微粒子除去
4万円以上の高級掃除機では、スティック型クリーナーのシェアが7割を超える。新製品が相次ぐなか、日立アプライアンスは従来機種から大幅な形状変更した「パワーブーストサイクロンPV-BEH900」を発売する。


回転する客席 “体感型”劇場でTBSテレビが狙うもの
今年3月、東京・豊洲にオープンした「IHIステージアラウンド東京」は回転する客席と巨大スクリーンを駆使した“体感型”劇場だ。運営するTBSテレビにその狙いと現状を聞いた。


ホンダ「スーパーカブ」が日本に帰ってきた!
近年日本人にはなじみの薄い四角いヘッドライトや、大きめのサイドカバーにデザインが変更されていたホンダの「スーパーカブ」。11月10日に発売される新型は、ある意味、日本専用になっているという。


若者に手帳ブームの兆し? 高橋書店の新戦略
“手帳は高橋”で知られる高橋書店主催の「手帳大賞」が決定、授賞式が行われた。同時に高橋書店は15年ぶりに手帳をリブランディングすると発表。そのワケを探った。


キャンプでぐっすり眠れるアウトドア系寝具6選
テント泊でもぐっすり眠れる快適なアウトドア寝具の中から、380gの超軽量マットやテニスボール大になる枕など、軽くてコンパクトになるアイテムを厳選した。


Windows 10大型アップデート 便利な機能を総点検
2017年10月17日、Windows 10の大型アップデート「Fall Creators Update」が始まった。10月18日に行われた説明会で紹介された機能を中心に、Mixed Reality以外のアップデート内容を見ていこう。


「今期で撤退させてもらいます」、ベンダーに逃げられるIT部門の悲惨
多くのIT部門にとって、悪夢のような事態が始まろうとしている。「今期限りで撤退させてもらいます」。ユーザー企業のIT部門から丸投げされていたシステムの保守運用業務から、ITベンダーが手を引く動きが出てきたのだ。


どうしようもない塩漬けシステムが生まれてしまう理由
筆者は約30年にわたってメインフレームのシステムをオープン系ハードウエアに移行する作業に携わってきた。過去にはメーカー系のSIerなど複数のITベンダーを渡り歩いた。この間、どうしようもない「塩漬けシステム」を数多く見聞きしてきた。なぜそ…


年収1000万円超の「贅沢」消費の意外な実態
世帯年収1000万円以上の人は、何かをどこで何を契機に買ったときに「贅沢」と感じたのか──。日経BP社は9月、「贅沢消費調査」を実施して、その実態を明らかにした。


現場はこうしてデータを偽装する
神戸製鋼所の品質データ偽装と日産自動車の検査不正が発覚し、日本の製造業が培ってきた品質の信頼に揺らぎが生じている。法令遵守(コンプライアンス)問題と片付けるのは簡単だが、「高い倫理観に基づいた職場風土を求めるだけではこの問題は解決しない」…


NTT東日本 理事 ITイノベーション部長 グリーン推進室長・北口 隆也氏「息付く子会社DNA 働く意識の改革迫る」
子会社に出向し、新しいことに挑戦するDNAを身に付けた。「前例を踏襲するな」と部下に働く意識の改革を迫る。


地味にスゴい!新型インプレッサ
今回からはSUBARU(スバル) の新型「インプレッサ」をお届けする。国内外で人気が高いインプレッサはプラットフォームの一新で、どのような進化を遂げたのか。まずは試乗編から。


副業女子3人に聞く「副業のメリット」人事の工夫は?
副業に興味はあっても、さまざまなことが気になって一歩を踏み出せない人も多いはず。そこで、人材会社のビースタイルで副業をしている3人の女性にお話を聞きました。


新しい働き方「ギグ・エコノミー」の成功法則10
終身雇用でなく「ギグ(単発または短期の仕事)」を基盤としたギグ・エコノミーでの成功とは、職を見つけることではなく、方向性が定まりバランスの取れた人生を送ること、そして目標に近づく助けとなる仕事をすることである。


独身女子が家を買いたいと思ったときに確認する質問5
「家を買いたい」――そう思った途端に、低金利、住宅ローン控除、すまい給付金、消費税増税などの言葉が気になり、「今がチャンス!」という気持ちになってしまうのではないでしょうか。そこで、マンションであれ、一戸建てであれ、マイホームが気になった…


休息法を知り、働き方を考える「睡眠本」3冊
2015年の「国民健康・栄養調査」によれば、1日の平均睡眠時間が6時間未満の人が39.5%に上り、しかも年々増加傾向にあることが分かった。なかなか眠らない国民性を反映してか、睡眠に関する本が人気を集めている。


ゆとり世代の転職 特徴的な2タイプと不安の正体
ゆとり世代の社会学者・福島創太さんは、ゆとり世代に転職が増えている要因の一つとして、キャリアに対する不安がある、と指摘します。一体、ゆとり世代はどんな不安を抱えているのでしょうか。また、ゆとり世代の転職は幾つかのタイプに分けられるといいま…


ブラック企業で疲弊→恋できない 優しい心を戻すには
働く女性の悩みに健康社会学者の河合薫さんが答える連載「女性のリアル人生相談」では、恋愛の相談もよく寄せられます。今回はその中の一つをピックアップし、河合さんに回答していただきました。「恋する心がなくなってしまった」という相談です。恋愛の倦…


半年で2kg減らすだけでメタボが改善するって本当?
【問題】メタボリックシンドロームを改善するには「内臓脂肪」を減らす必要がありますが、そのために10kg、20kgといった大幅な減量は不要。まずは3~6カ月かけて体重の3%(80kgの人なら2.4kg)を減らせば十分です。これってホント? …


日本ハムが他社に開放する施設は?
10月20日の日本経済新聞電子版から、ビジネスパーソンが押さえておくべきトピックを10問10答形式でお届けします。


富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。
エベレストを目標にして、そのための訓練や準備をすれば、いつかは登頂できるかもしれません。


総選挙後の課題、シニアの労働参加はAIがカギ
日本は高齢化がさらに進む一方、若年層は不安定な就労環境に加えて、育児、介護などを含めギリギリの負担を強いられている。では、シニア世代の労働参加率を高めるためにはどうすべきか。総選挙後の”真の”課題はそこにある。


巧さだけでは勝てない【女子サッカー 高倉監督】
一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム。今月はサッカー女子日本代表、“なでしこジャパン”監督の高倉麻子さんの登場だ。女子サッカーが今ほど脚光を浴びない時代から選手として活躍し、数々のタイトルを獲得。現役引退後は指導者へ転身。…


AIスピーカーに“愛”を感じさせるメソッド、提供します
こころみは、「デジタルヘルスDAYS 2017」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)において、「高齢者会話メソッド」を法人向けに提供していくことを紹介した。これまで一般消費者向けサービスで培ってきた高齢者との会話メソッドを、チャ…


【ECO11月号の読みどころ】世界に比べ遅れる人権対策の強化訴える特集
日経エコロジー11月号の特集は、人権がテーマです。ESG(環境・社会・ガバナンス)への関心が高まるなか、Sに焦点を当てました。「周回遅れの『人権』対策」と題して世界に比べ大きく遅れている日本企業に人権対策の強化を訴えています。 特集では人…


【EMF事務局から37】国連大学とSDGs研究会開催/生物多様性・自然資本経営の書籍発行
事務局長の斎藤です。9月26日にEMF研究会「国連大学がSDGsで企業に求めること」を開催しました。前々回のこのコーナーで国連大学が「SDGs企業戦略フォーラム」を立ち上げる。EMFではこのフォーラムに協力していく、とお伝えしました。 今…


“死の淵”に見た看護師の姿が生んだ、eWeLLの「iBow」
eWeLLは、「デジタルヘルスDAYS 2017」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)で、訪問看護支援サービス「iBow」を展示した。看護師の働き方の改革を目指した訪問看護専門の電子カルテである。


連系線の拡大策で「出力抑制」半減、経産省委員会で九電が試算
経済産業省は10月17日、省エネルギー小委員会・系統ワーキンググループ(WG)を開催し、太陽光と風力発電の「接続可能量」について、電力7社の2017年算定値を公表した。


世界初、浮く洋上風力発電所が営業開始、英国
再生可能エネルギーを生み出す新たな技術、浮体式洋上風力発電を用いた風力発電所が英スコットランド沖で世界で初めて営業を開始した。


秋トレンド「赤」ファッション 初心者・中級・上級
秋冬シーズンは赤をまとって温かい気分になりたい―そう思っている人もいるのでは? 普段着からお仕事着まで、赤アイテムの上手な取り入れ方をファッション・ジャーナリストの宮田理江さんが解説します。


イジメも不遇も武器に アラサー格差コンビ・ハライチ
1986年生まれのアラサーコンビ、ハライチ。幼稚園からの幼なじみの二人ですが、親しみやすいキャラクターの澤部さんから売れっ子になっていきました。ずっと一緒にいた幼なじみなのに、売れ方に差が出てしまった「格差コンビ」――。しかし、水面下では…


一流アスリート、成功のカギは“受け身”なこと
「選手として大事なことは?」という質問に元フィギュアスケート選手の高橋大輔氏は、「自分で考えて一人でやろうとすると大体うまくいかない。とにかく人に言われたことを大事にする」と答えた。この話に「意外」という思いが強く残った。


神鋼のデータ偽装問題、今度は従業員が検査データを隠ぺい
アルミニウム(Al)合金や銅(Cu)合金、鉄鋼製品などで品質データの偽装が相次いでいる神戸製鋼所で、今度はグループの従業員が検査データを隠ぺいしていたことが明らかになった。


世界初、「竹」専焼バイオマス発電所、藤崎電機が地域と連携
藤崎電機(徳島県阿南市)は、山口県山陽小野田市に竹を燃料に専焼するバイオマス発電所「山陽小野田バンブーバイオマス発電所」を建設する。


ドローン向け気象情報を提供、NEDOと日本気象協会が実証
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と日本気象協会は、ドローン向け気象情報提供のデータ連携と、ドローンによる気象観測の実証試験を、福島県南相馬市の福島浜通りロボット実証区域で実施する。


参加型CMで「キリン のどごし」のクーポンが大人気
キリン のどごしキャンペーンのクーポンが、想定を超える早さで配り終えたため話題が継続せず、Twitterの話題のキーワードランキングで上位に入れなかったようです。


【週末速報】NTTドコモ「MONO」の未使用品が9980円!
今週末の目玉商品といえるのが、NTTドコモのAndroidスマホ「MONO」。シンプルな外観が魅力の小型スマホで、未使用品がなんと9980円と買い得!


神鋼の品質偽装、日産自動車がAl板と鋼材で安全性を確認
日産自動車が、品質データを偽装した神戸製鋼所の部材の一部について安全性を確認したことが明らかになった。技術的検証を行った結果、神戸製鋼所のアルミニウム(Al)合金板材を使ったフード(ボンネット)とドアパネルの外板は、「安全性に問題がない」…


JIS認証機関が神鋼子会社を審査、点検で新たな偽装も発覚
神戸製鋼所は2017年10月20日夕刻、都内で会見を開き、コベルコマテリアル銅管秦野工場(神奈川県秦野市)による品質データの偽装について、JISの認証機関である一般財団法人の日本品質保証機構(JQA)から審査を受けていると明らかにした。


「デジタル変革はオープンソースが牽引」、米レッドハットCEO会見
米レッドハットのジム・ホワイトハースト社長兼CEOは2017年10月20日、東京都内で開いた記者会見で企業のデジタル変革における同社の取り組みについて説明した。「デジタル変革にはDevOpsによる迅速なアプリケーション開発が欠かせない」と…


2倍のアイデアもすぐに出せるワザ
いくら考えても問題解決につながらず、思考停止になってしまった経験はありませんか。そんなときは、目の前の課題からいったん視線を外して視点を変えてみると、思わぬところからアイデアを得られることがあります。


「メガサプライヤーにも弱点ある」、ショーワ社長
ホンダ系自動車部品メーカーで、電動パワーステアリング(EPS)やダンパーなどを手掛けるショーワ。連結売上高が2600億円程度の中堅だが、ドイツBosch社や同ZF社などショーワの10倍以上の規模のメガサプライヤーがひしめくEPS市場で開発…


フェイスブック、総選挙の投票を呼びかける「投票者メガホン」などを導入
フェイスブック ジャパンは2017年10月20日、衆議院議員総選挙の投開票が行われる10月22日に投票を呼びかける「投票者メガホン」を導入すると発表した。


日本HP、Windows MR対応のヘッドセット
日本HPは、米Microsoft社のWindows Mixed Realityに対応したヘッドセット「HP Windows Mixed Reality Headset(コントローラー付き)」を発売した。2017年10月17日、東京都内で同…


旭化成、中空糸ろ過膜がクウェートの海水淡水化プラントに採用、同社で過去最大
旭化成が展開する水処理用中空糸ろ過膜「マイクローザ」が、クウェートの海水淡水化プラントに採用された。納入する水処理膜の規模は日量61万tと、同社で過去最大の受注となる。


東レ、環境配慮型製品の欧州R&D強化へドイツにオートモーティブセンターを開設
東レは、環境配慮型製品の欧州のR&D(研究開発)強化を目的に、ドイツに自動車用途の新素材開発施設となるオートモーティブセンターを開設する。欧州の中核的技術拠点にする。


丸紅、発電子会社が長野に建設した2カ所の小水力発電所が完成、商業運転を開始
丸紅が100%出資する発電子会社の三峰川電力が長野県茅野市に建設した2カ所の小水力発電所が完成し、商業運転を始めた。どちらも地元土地改良区の農業用水路に設備を設置した。


業界最速をうたう消費電力解析ツール、韓国Baumが出荷開始
韓国Baum社は、ICやSoCの消費電力解析向けツール「PowerBaum」の出荷を開始した。来日した同社のCEOのAndy Ladd氏とCTOのYoungsoo Shin氏に東京で話を聞いた。


三菱地所ホーム、最新モデルハウスを横浜市西区に開設、国産木材の使用を推進
三菱地所ホームは、自由設計住宅ブランドの最新モデルハウスを横浜市西区に開設する。国産木材の使用を推進し、比率を大幅に高めた。屋内では「グリーンガーデン」を提案する。


イオン環境財団、中国武漢市の小中学校計5校を対象に太陽光発電システムを寄贈
イオン環境財団は、中国武漢市の小中学校計5校を対象に太陽光発電システムを寄贈する。同市の小中学校にシステムを贈るのは前年に続いて2回目となり、合わせて10校に増える。


エルサレムで古代の劇場を発見、「嘆きの壁」発掘中
エルサレムにある「嘆きの壁」の発掘中に、古代ローマ様式の劇場が見つかった。エルサレムで同様式の公共施設が発見されたのは初めてだ。


デルが「ひとり情シス大学」を開校、中堅企業支援を強化
デルとEMCジャパンは2017年10月20日、社内の情報システム担当者が1人しかいない、いわゆる「ひとり情シス」状態にある中堅企業向けのサービスを拡充すると発表した。ひとり情シス状態でITに詳しくない担当者を想定し、必要な知識を提供するe…


ソフトバンクがiPhone Xの価格を公表、64Gバイトで13万1040円から
ソフトバンクは2017年10月20日、11月3日に発売する米アップルの「iPhone X」の販売価格を公表した。64Gバイトモデルは13万1040円、同256Gバイトは14万9280円。


鋼並みの強度持つアルミ製ボルト
日東精工は、引っ張り強さが420MPa以上と鋼製ボルトと同等の強度を持つアルミニウム(Al)合金製ボルト「タフアルム420」を開発した。2017年11月1日から本格販売する。


六価Cr・金属触媒を使わずめっき前処理と下地層形成
島津製作所は、アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)などの樹脂に金属膜を形成する樹脂めっき工程において、基材表面の前処理や下地層の形成を真空下で行う技術を開発した。立体の樹脂製品に金属膜を成膜できる高速スパッタリング装置を用いる…


家計の見える化は通過点にすぎない~マネーフォワード
マネーフォワードは、スマートフォンで家計や資産を管理できるサービスだ。ユーザー数は400万人を超え、2600以上の金融関連サービスの利用情報と連係できる。サービス開始から4年で、国内最大の自動家計簿・資産管理サービスに育てることができた。


目指せ生産性向上! ToDoリスト&カレンダーアプリ6本
最新のアイテムやサービスを活用して「働き方改革」と「生活スタイル改革」を提案するSTYLE TRENDY。今回は、ToDoリスト&カレンダーアプリ6本を紹介する。


お米カスタードクリームのクレープ
オシャレなおやつと言えば、クレープは欠かせない。薄く焼き上げた生地で、生クリームやフルーツを包んだスイーツだ。今回は、小麦粉の代わりにご飯を使ったカスタードクリームでクレープを作ってみた。


花王、“内臓脂肪をためない生活”を全国へ
花王 エグゼクティブ・フェローの安川拓次氏は、「デジタルヘルスDAYS 2017」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)3日目のオープンシアターに登壇し、「内臓脂肪量の見える化を切り口とした健康づくり事業の開発と展開」と題して講演…


1本で最大40カ所の温度を計れるケーブル
三陽電工(本社東京)は、複数ポイントの温度を同時に計測できるケーブル一体型の多点温度センサー「サンサーモ(SAN-Thermo)」を発売した。直径5mmの多心ケーブルに温度センサーを埋め込んだもの。工場で製造装置の状態を監視する、自動車内…


電子レンジの原理で靴底部品を15秒で成形
アシックスは台湾の射出成形品メーカーである達音創研公司と共同で、靴底を短時間で成形する技術を開発した。マイクロ波成形技術を応用したもので、主な靴底部品の成形を15秒程度で完了できるという。


© RSSで配信されている記事等の著作権は当該記事等の発行者に属します
© All rights of RSS contents are reserved by authors of respective RSS contents