RSS update information - @ふぃーるど:釣りサンデー

RSSフィーダーのメインページへ

陸っぱりエギング 晩婚アオリ狙い 朝まずめ波切漁港

大型アオリ=ボトムではなく朝まずめは表層にもいる

110627aori01.jpg

港内に突き出た突堤から餌木をキャスト。基本的にシャクリに力はいらず、軽くシャープに行うと餌木もダートし、アングラーの疲れを軽減させてくれる。フォール時はロッドを軽く握り、手のひらに乗せる。こうすることで繊細なアタリも感じ取ることができる

春先から不調が続いていた三重県志摩(しま)方面の親イカシーズン。黒潮が蛇行し、紀伊半島への接近が遅れた影響ではないかと考えられるが、梅雨も始まり、例年であればこのまま終息を迎えるといった状況。しかし、今年の志摩方面は少し違うようである。6月に入って海水温が安定し、晩婚(?)の親イカが接岸する状況が続いている。陸っぱりからも2kg前後のモンスターサイズが捕獲されており、タイミングが合えば良型の数釣りも楽しめるようになってきた。

そこで春先のうっぷんを晴らすべく、モンスターアオリ捕獲を目指して6月20日(月)に志摩市にある波切(なきり)漁港の公園前の突堤へと車を走らせた。この突堤は、駐車場とトイレが隣接されており、週末ともなれば多くの釣り人でにぎわっているポイント。また、波切漁港は外洋に面するポイントであることから、四季を通じて多くの魚種が港内へと入ってくるポテンシャルの高いフィールドとしても有名である。

当日は大雨ということもあり、こちらの集中力とアオリイカの活性を考え、朝まずめに狙いを絞り、早朝4時半よりキャストを開始。大型のアオリイカはボトムに潜んでいるというイメージが強いが、朝マズメなどは活性が高く、表層に浮いていることが多い。そんな活性の高いアオリイカに照準を合わせ、まずは表層から探っていく。餌木は3.5号を使用。まだ辺りが薄暗いこともあり、アピール力のあるオレンジ系の餌木をチョイスした。

朝まずめのチャンスは短いため余韻に浸ることなく再開

110627aori02.jpg

キャストを開始して3投目、表層付近でヒットしたのはいきなりの良型、1.5kgのアオリイカだった

流れの効いた突堤先端よりフルキャスト。着水後6秒ほどカウントを取り、餌木を2mほど沈める。その後、シュッシュッと軽く2回ほどしゃくり、3秒ほどフォール。最初はテンポよくこのようなリズムでアオリイカの活性をチェック。フォール中はロッドを軽く手のひらに乗せ、ロッドに伝わる小さな変化も逃さぬよう集中する。

その3投目だった。手のひらに乗せていたロッドがかすかに引っ張られる。間違いなくアオリイカであるという確信とともに、ロッドを立てた瞬間、「ジィーーー、ジィーーー」とストロークの長いジャット噴射が私を堪能させてくれた。ラインを引き出し楽しませてくれた良型は、なんといきなりの1.5kg。立派なオスのアオリイカである。

いきなりの大型捕獲に、ゆっくりと余韻に浸りたいところだが、朝まずめのビッグチャンスは短い。高鳴る興奮を抑えてキャストを再開。同じように表層付近に狙いを絞る。すると、その数投後、シュッとしゃくった次のしゃくりで「ジィーー」とスプールの逆転音が響き渡る。なんとしゃくりを入れている最中でのヒットである。もう興奮を抑えろというほうが無理である。上がってきたのは先程のサイズよりはやや小さいが、それでも良型の900g。「これは何ハイ釣れるのか…」と心配する私。

1時間半の釣行で1.5kg含む3バイに納得

110627aori03.jpg

2ハイ目となった900g。薄暗い時間帯はオレンジ系の餌木に好反応だった。このあと紫系にカラーチェンジし、大雨の中600gしたが、雨のため写真がうまく撮れなかった

しかし、そんなにうまいこと行くわけもない。その後、反応が遠ざかり、雨も次第に強くなってくる。頭を冷やされた私は、基本にかえり、餌木のカラーをチェンジ。シルエットがはっきりと出やすい紫系のカラーで勝負することに。するとこれが大正解。フォール中に「ガツン」とロッドに重量感が伝わる。何度も餌木を通したコースではあったが、カラーチェンジによってアオリイカが反応してきたようである。いまさらではあるが、餌木のカラーチェンジの重要性を再認識させられる結果となり、600gを追加。

これはまだまだ続くかと淡い期待もあったが、梅雨の空はそんなよい思いばかりはさせてくれないようである。開始から1時間半、午前6時を回った時点で雨脚がさらに強くなり、後ろ髪を引かれる思いで納竿とした。今回は雨の中、1時間半ほどの短時間釣行ではあったが、良型を含む3バイと納得の釣行となった。今後は、好調な親イカシーズンの始まりが遅かったことから、この状況が維持されることを期待したい。夏が近づくに釣れ、水温の上昇は避けて通ることができず、朝マズメのタイミングや潮通しのよいエリアを選択し、少しでも高水温を避け、アオリイカの適水温の範囲である20度台前半の釣り場を選択したい。まだまだチャンスのある親イカシーズン、力強いジャット噴射を堪能していただきたいと思う。
(橋本広基:魚魚クラブ


期間限定ゲーム イワシに沸く メバル&シーバス

1にも2にもイワシの動向が鍵となる

110623fukumura01.jpg

大量のイワシが入ることでフィッシュイーターたちが沸き立つ6月の福村磯。イワシを捕食できるサイズというわけでメバルも型ぞろい

今回はこの時期限定であるメバル、シーバスなどを狙った沖磯でのルアーフィッシングをご紹介したい。ポイントは徳島県阿南市の亀崎漁港から渡船に乗り、ほんの5~10分で到着する福村(ふくむら)と呼ばれる沖磯。なぜ期間限定かというと、6~7月にイワシが大量に入ってきて、それを捕食するメバルやシーバスの活性が一時的に上がるため。近くに那賀川(なかがわ)という大型河川があるために大雨の影響を受けやすいのが難点だが(特に今年の梅雨は雨が多い)、それもまた長いスパンで考えると、このフィールドが豊かになるための栄養補給と思えば納得できる。

メインとなる釣行時間は朝まずめを絡めた早朝の2~3時間。なので、仕事前の釣行も可能だ。実際、平日に集まるアングラーは仕事前の「朝練」感覚で来ている人たちがほとんど。かくなる私もそのうちの1人であるが(笑) とりあえず、私が最近釣行したときの状況を説明してみよう。最初に、基本的に1つの磯に1人が渡礁するため、ファイトシーンやランディング直後のフレッシュな写真が撮れていないことをお詫びしておきたい。私の文章だけで福村の沖磯の素晴らしさ、ポテンシャルの高さが伝わるかどうか不安もあるが、読者の皆さんの想像力に期待しています。

釣行したのは6月14日。本来なら前日までの状況から判断して磯を選択し、そして上がった磯にイワシさえついていれば大船に乗った気持ちでキャストすればいいのだが、当日は雨後であるために先日までのデータが通用しにくい状況であった。1にも2にも鍵となるのはベイトフィッシュであるイワシの動向なのである。午前4時過ぎ、私が上げてもらった磯は「丸島の丸黒」と呼ばれている磯。うす暗い間の勝負時、まずは磯の際についているであろうメバルを狙ってみる。

ガシラにがっくりもつぎの瞬間ガッツポーズ

110623fukumura02.jpg

フカセ釣り師の間でチヌのメッカと知られる福村磯。ここが6月から7月の期間限定でルアーマンの聖地となる。イワシが寄り、さまざまなフィッシュイーターが集まってくるのだ

メバル狙いで使ったルアーはFINAのジグヘッド「デカまっすぐ」7gにコアマン「アルカリ」、もしくはマーズ「R-32」の組み合わせ。普通のメバルタックルではパワー負けしてしまう上に、シーバスも兼用で狙えるよう、タックルはシーバス用を使っている。ちなみに私のタックルを例に挙げると、ロッドがダイワ「モアザン ブランジーノ ナイトメアカスタム91.5L」、リールがシマノ「ステラ4000」、ラインがゴーセン「剛戦X sw」1号にリーダーは「剛戦Xリーダー」24Lbを使っている。

さて1投目、いきなりアタリが来る! が、ヒキも弱いのでメバルではない。難なく抜き上げたのは20cm程度のガシラ(徳島では「ガガネ」と呼ぶらしい)。メバルと思っていたので少々がっくりしたが、釣り上げたガシラが数匹のベイトを吐き出した瞬間、心の中で思わずガッツポーズをしたのはいうまでもない(笑) この磯には大量のベイトが入っている…いただきや!!

そして磯際をスローに通すと、引ったくられるようなアタリ。しかし、乗らない。その後も数投に1度、アタリが出るものの、なかなかフッキングまで持ち込めない。さらに小型のガシラを追加したあと、ようやくフッキングと同時にロッドティップが絞り込まれる魚がヒット。強烈な引きで上がってきたのは良型のメバルである。冷静にヒットした時のメソッドを思い出し、同様の攻め方をやってみる。押し寄せてくる波とフォールアクションのタイミングを合わせてオーバーハングした磯の下にルアーを送り込むイメージだ。そうするとフックアップの確率が高くなったように思えた。

沖ではイワシらしき波紋が立ちシーバスのボイルも

110623fukumura03.jpg

この日の最大は29.5cm。尺超えはならずも、大型のメバルばかり仕留めることができて満足のいく結果に

少々パターンを掴むのに無駄な時間を使ってしまったが、私より通い慣れている地元アングラーの人ならもっと早く対応していたはずで、さらに釣果を上乗せできただろうと思う。その後もイメージ通りのトレースラインにルアーを通すことができると、メバルが口を使ってくれる。思考錯誤しながらアタリを取る、すごく楽しい時間である。空が明るくなってくると、メバルのアタリが遠のいた。ここで遠投力のあるルアーに変更して、シーバス狙いに切り替えてみる。沖では所々でイワシらしき波紋も立ち、たまにシーバスのボイルも起こっている。使用したルアーはコアマン「IP26」とジャクソン「ピンテール9cm」。遠投してフォール、そしてただ巻きを基本として、当たらなければアクションを加えていく。

数投後、リフト&フォールアクションのフォール中にアタリがきた。重量感は感じられないがよく暴れて元気な魚だ。寄せてみると50cmに足らないくらいのヒラセイゴである(ちなみにこのフィールドはヒラスズキとマルスズキが共存しているエリアである)。
ランディングネットを離れたところに置いていたため、抜き上げを試みたが、抜き上げると同時にフックオフ。数秒間磯の上でペタペタと暴れたあと、海にお帰りになってしまった。

運がよければ尺メバル連発やランカーシーバスのラッシュも

110623fukumura04.jpg

こちらは後日、再釣行した際に船からアプローチさせてもらい仕留めたヒラメ60cm。福村の沖磯にはイワシに釣られ、さまざまなフィッシュイーターが集まっているのだ

その10分後にもう一度アタリが来たが、ファイト中に痛恨のバラシ。結局シーバスは不発のままタイムアップとなった。迎えの船が来ると、船上では各磯に乗っていたアングラーたちの写真撮影&釣果報告が始まる。「今日の俺の磯は潮が悪かった」「僕の磯は暗いうちだけベイトがいた」「私はすごいアタリにラインが切られた」など、今後のための情報交換も楽しい時間だ。私自身のこの日の結果はメバルが6匹(帰港後の計測では27~29.5cm)、ガシラが数匹(すべてリリース)、シーバスのバラシ2回であった。

今回はメバルに関しては惜しくも尺に足りない結果、シーバスはバラシのみであったが、私的にはとても面白い釣りをさせていただき大満足である。船頭さんいわく、メバルやシーバスだけでなくヒラメやアコウ(キジハタ)が釣れるときもあるらしい。実はこの原稿書いている本日(6月19日)も、船頭さんに誘われ「朝練」に行ってきた。船からイワシのいるポイントを攻め、60cmのヒラメちゃんを釣らせていただいた。昨日はメジロのナブラもあったらしい。

どうですか、こんなに楽しいフィールドなんです。自然相手に絶対はありませんので、もちろんボーズのときもありますが、運がよければ尺メバルの連発、ランカーシーバスのラッシュが味わえる福村の沖磯。今だけの期間限定の釣りなので、ぜひとも皆さん体験してみてください。上がる磯、攻めるべきピンポイントなどは男前の船頭さんにアドバイスを受けてもOK。強力な地元アングラーも希望ならアドバイス&ガイドをしてくれるので、初めての人でも心強いだろうと思いますよ。
川畑篤孝:FINA SWフィールドスタッフ)


白石グリ絶好調 イサギに真鯛 メジロも出た!

船をかけての天秤ズボor完全フカセでアプローチ

110624madai01.jpg

ポイント到着が午前11時頃とあって、白石グリにはすでに多くの船が集まっていた。われわれもその中へ仲間入り

京都府の丹後半島、経ケ岬沖に広がる白石グリにマダイを狙いに行ってきました。今シーズン何度か計画を立てたのですが、そのつど天候とそりが合わず、ようやく6月5日に、クラブ仲間たちと釣行することができました。お世話になったのは舞鶴西港を基地にしているモバイル釣りサンデー協力店の秀吉丸。

釣り方は船を掛けてのかかり釣り。エサはマキエもサシエもオキアミ。仕掛けは天秤を使ったフカセ釣り(=天秤ズボ)か、フロロカーボンラインだけを流し込んで行く完全フカセ釣りのいずれか。ポイントに着いたのは午前11時頃。多くの釣り船が集まっており、われわれもその仲間入りです。水深は70mほど。とりあえず軽めのオモリ(20号くらい)を使って仕掛けを送り込む、天秤ズボと完全フカセの両方を兼ねた釣り方でやってみることにしました。

オキアミをマキエカゴに詰めて仕掛けを投入。潮に乗りながらゆっくりと仕掛けが沈んでいきます。この釣り方だと勝負が早いのです。完全フカセはラインの出方、つまりタナ取りが潮流まかせですが、オモリがセットされていることでタナが早く探れ、また軽めなのである程度のフカセ効果も期待できます。道糸はPE。「アバニジギング10×10マックスパワー」の3号を300m。ハリスは「船ハリス6号」を15m(ともにバリバス)。ハリはグラン「ジークABL真鯛」12号の4本バリ仕掛けです。

複雑な引きを見せたのはイサギ&メジロ&マダイのトリプル!

110624madai02.jpg

この日調子のよかった西野さん。船中ファーストヒットでイサギを仕留めたあと、マダイやメジロを続けざまに上げてホクホク

最初のアタリはこの釣りが初めてという西野さんに出ました。40mほど流したところでヒット、とのことです。と、ボクにもアタリ。やはり40mのところでククッとした反応。ラインが張っているので直接手もとにアタリが伝わります。二人が取り込んだのは40cmほどのイサギでした。このあたりでイサギを釣ったのは初めてです。ぼってりと肥えていて、マダイより浜値が高いと船長が教えてくれました。続けてやはり同じタナでボクにはイサギ。西野さんには40cmほどのマダイ。この日、彼は調子がよく、続けてメジロ、イサギと釣り上げ「面白いですね~。来てよかったですわ~」とテンション上がりっぱなし。

こうなると負けてはいられません。浜値が高いといっても、やっぱりマダイが釣りたい。で、もう少し軽いオモリ、10号に切り替え少し先のポイント(タナ)を探ることにしました。60mあたりで竿先がククッとお辞儀をして、これはイサギの反応。ならばと連を狙って少し送り込むと、ゴツゴツと竿先を持ち込んで、おっ、おっ、マダイなのか、いや違う、違う、メジロか? なんだろう??? ドラグを滑らせながら上がってきたのは4本バリの先バリにイサギ39cm、エダバリの2本目にメジロ72cm。3本目にマダイの60cm。どうりで複雑な引き具合でしたよ。

完全フカセに切り替えて…100mでスプール急速回転!

110624madai03.jpg

4本バリにまさかのトリプルヒット! 1回のアプローチでイサギにメジロ、マダイが掛かったのだから、たまらない。しかもすべて良型

その後、マダイやイサギ、メジロにハマチとポツポツと釣れたのですが、アタリが遠のき始めたので、フロロカーボンを使って完全フカセへと切り替えです。少し大き目のサルカンでラインとハリスを繋ぐのは、仕掛けを沈める効果を持たせるため。ゆっくりと出ていたラインが70mあたりからスルスルと出始め、潮に乗った様子。いい感じです。80m、90m、そろそろアタリが出るかな…と、100mほどラインが出たところで、スプールが急速回転。しかし、というのも変ですが、これはイサギでした。

でも、おおよその見当がつきました。先バリにイサギが食うということは、ほぼ正確にタナに届いたということです。次は95mでスプールが走ってイサギ。やはりよく肥えてうまそうです。

110624madai04.jpg

この日は皆さん順調で、宮野さんはメジロにマダイ65cm、田中さんもマダイを仕留めており、楽しい1日となった

やがて、夕まずめ。他の人も順調に数を稼いでいます。ボクのリールのカウンターが110mを越えて、もうタナから外れたかな、と思ったとたん急回転。ズンズンとした重い引きがゴンゴンと鋭角的な響きに変わり、これは、ね、ね、暮れかけた海面を薄紅色に照らしながら上がってきたのは50cmほどのマダイでした。

食いは続いたのですが、終了予定の午後7時、納竿。結果、ボクの釣果は50~60cmのマダイを3匹。メジロとハマチを2匹。イサギは10匹ほど。不安定な釣況のなか、よく健闘した、といってよいでしょう。
(南村健治:阪神沖釣クラブ


宇和海よいとこグレどころ!! 磯フカセがつん

日振島の本島北側にある独立磯から竿出しスタート

110617gure01.jpg

渡礁したポイントで一緒になった神戸北磯釣倶楽部の池田弘之さん。上手な方で良型のグレを連発させていた

梅雨に入り各地で梅雨グレが好調である。私はちょっとした大会があり、愛媛県の宇和海まで遠征してきた。当日は型のよいグレが釣れ、仲間も大型グレに大満足して帰ってきたので、その模様をレポートしたい。宇和海の特徴としては、グレが濃いことはいうまでもないが、潮がよく走ることも挙げられる。また、大型の口太グレに混じって、尾長の良型も期待でき、梅雨から夏にかけてはイサキの実績も高い。マダイやハマチなどうれしい外道も来る。そして、宇和海ではグレが海面まで食い上がることが多く、エサの撒き方やサシエの使い方が釣果を左右する。私も久しぶりに訪れる宇和海に胸を躍らせて、磯に上がった。

釣行した6月12日は、あいにくの天気予報ではあったが、実際の空は朝のうちは曇りで暑くもなく釣り日和。波もなき渡船は、沖磯の日振本島を目指してくれた。私とクラブ仲間の丹井良一さんは、本島北側の独立磯に上げてもらった。マキエは生オキアミ6kgにマルキユーの「遠投ふかせTR」と「グレパワーV9スペシャル」を配合し、硬めに練ったものを用意。サシエは「くわせオキアミSP」と「プレミアムボイル」のLを用意した。

110617gure02.jpg

私も38cmのよいグレをキャッチ! これよりも大型と思われるヒットもあったが、残念ながらバラしてしまった

午前6時さっそく釣り開始。潮はゆっくりと北に流れグレが食いそうな気配。しかし、しばらくはベラしか釣れてこない。8時過ぎにタナを深く取った仕掛けにアタリが出て強い引きが襲った。しかし、獲物は50cmクラスのブダイでがっくり。潮が速くなると、グレの姿がチラホラ見えだした。なかなかウキにアタリが出ないが、サシエがかすめ取られる。オキアミの頭だけきれいに取っていくこともある。

ウキ下を1ヒロと浅く取り、ジワジワとサシエを落とし込んでいくとようやく1匹目が食った! サイズは30cm弱ではあったが、ギューンと竿をしならせてくれる。やはりグレの引きはシャープでいいですね。マキエを足もとからパラパラっと竿2本ほど先に多めに入れて、その少し沖へ仕掛けを入れる。少しウキを引いてハリスに張りを持たせながら沈めていくと連続でグレがヒット。しかし、潮が速くなり足もとに仕掛けが寄ってきて釣りづらくなった。

尾島へ磯がわり…ここから良型グレのヒットが連発!

110617gure03.jpg

クラブ仲間の丹井良一さんも35cm前後のグレをつぎつぎとヒットさせ、取り込んでいた

そんな中、ちょうど見回りの渡船が来て「場所かわりましょうか」といってくれたので、お願いして尾島の方へ行ってもらった。ハエ根が伸びており、掛けたら取れないかも…という場所ではあったが、大遠投してみるといきなりヒット! かなりの大型のようで、底へ底へと持っていく。強引に浮かせにかかったが、ハエ根の上に浮かせることなく潜られてしまった。ハリスが擦れるのを承知で引いてみたら、軽くなってしまった。回収するとハリ外れでのバラシだった。

今度は、ハエ根が切れている場所を見つけて、取り込みをイメージしてから仕掛けを遠投。硬めに練ったマキエをウキの頭に飛ばしてアタリを待つと、ラインがピンと引かれた。「今度はバラさないぞ!」と竿を寝かせながら魚をこちらに向かせ、ハエ根の切れ目に誘導。そして強引にハエ根の上に浮かせることに成功した。獲物は38cmほどのグレだった。それからもポツリポツリとアタリが出て、同クラスが面白いようにヒットした。すぐ横で竿を出していた丹井さんも順調にグレを仕留めている。

110617gure04.jpg

大型のグレかと期待したがマダイ。しかし、50cm弱の素晴らしい魚だった

そして、11時ごろに丹井さんの竿が大きくしなった。今度はかなりの大物のようだ。丹井さんも強引にハエ根をかわして浮かせたが、「グレちゃうわ~」と大きな声を出している。獲物を見るとピンク色。大きなマダイのようである。私がタモ入れをして無事にゲット。50cm弱のきれいな魚体だった。昼前には土砂降りの雨となったが、エサバッカンのフタをマキエシャクが入るすき間だけ開けて、きっちりとチャックを締めて対応。遠投の効くマキエを維持したのがよかった。サシエのくわせオキアミSPとプレミアムボイルも、フタがしっかりとしたエサ入れに仕舞って、使うときだけフタを空けて使用。マキエやエサが雨に濡れてしまうと使えなくなってしまうので、注意したいところだ。

その効果があり、午後からはさらに釣れるグレの数が伸びた。終盤、潮が川のように流れだし、マキエは残りがとぼしくなったが、流れの際へ多めに入れてエサ取りのオセンを釘づけにし、流れの中へは少しのマキエとともに00号のウキを沈めていった。50mほど流れたあたりで、ラインがブシューと出た。「これは尾長かも…」と強い引きを味わいながら際へ寄せてきたが、ハエ根をかわすことができずにハリスから切れてしまった。

110617gure05.jpg

私たちに40cmオーバーは微笑まなかったものの、他の磯では45cmクラスを仕留めた人も!

悔しい思いもしたが、良型グレを数釣ることができて楽しい日振島遠征となった。港に帰ると、三重から一緒に参加した奥田健太郎さんが大きなグレをバッカンから出して見せてくれた。45cmはある見事なグレだった。谷水亮太さんも40cmクラスをはじめ、35cmクラスを数匹ゲットしていた。30人ほどの釣り人のほとんどがグレを持っていて、中には45cmクラスを4~5匹も釣っているうらやましい人も。グレの濃さに驚き、日振島のすごさを実感した釣行であった。三重からは少し遠いが、再度アタックしたい場所である。
大谷善正:三重県釣連盟会長、三重グレ研会長)


ディープ投げ釣り アマダイ&イトヨリ 魚泊浮き桟橋

「大良」「三崎新波止」に続く第3のアマダイ実績ポイント

110513itoyori01.jpg

水深のある宇和海では何が釣れてくるかわからないのも魅力のひとつ。今回の釣行でも本命のアマダイやイトヨリのほかに、チャリコやガシラ、大型のエソなどが顔を出し、クーラーの中はにぎやかに…

宇和島市吉田町の大良、西宇和郡伊方町の三崎新波止と、愛媛県のアカアマダイ、シロアマダイポイントを紹介してきたが、「第3のフィールド」として今回ご紹介するのが三浦半島に位置する宇和島市遊子(ゆす)の魚泊(うおどまり)だ。古くからアマダイの実績場として知られ、過去に50cmオーバーのアカアマダイや、50cm近い大型のイトヨリダイも出ている人気エリアのひとつ。昨秋も、付近一帯の護岸から40cmクラスのアカアマダイが数匹釣れている。水深40m以上! ドン深エリアが広がる三浦半島のアマダイ&イトヨリ実釣記をさっそくお届けする。

釣行したのは5月3日、4日の2日間。3日の午前中はデータ取りを兼ねて、クラブ員の廣瀬多賀樹さんファミリーと、宇和島市坂下津(さかしづ)の護岸からキュウセンベラを狙った。昨年は26cmオーバーの大型がよくヒットしたが、4月末のゴールデンウイーク前半戦に県内外から多くのキャスターが訪れたことと、曇天のため活性が上がらず苦戦を強いられ、結果、26cmが1匹のみで終了…。潮がほとんど流れず、アタリも遠のいた昼過ぎに場所移動を決断した。

「午後から込み潮やから、深場で大物を狙いましょう!」というわけで、「プランB」に変更(ちなみにプランAは先ほどのキュウセン)。40cmオーバーの良型マダイに定評のある三浦半島の水が浦(水荷浦=みずがうら)に向かって車を走らせた。坂下津から海岸線を走ること約30分。水が浦を遠望する上り坂にさしかかったとき、埋立護岸に数名のキャスターとおぼしき人影が見えた。「先客おるわ。アカンわ~」と、急きょUターン…。そこで水が浦の東隣にある魚泊の浮き桟橋に入ることにした。

ドン深ならではの遠投不要!足もとから好ポイント

110513itoyori02.jpg

三浦半島にあるアマダイの実績場・魚泊は水深40mのドン深エリア。地元の方もよく竿を出しておられ、40cm級のマトウダイを取り込む人も。初めて見るマトウダイに子供たちは興味しんしん

護岸の広くなった場所に車を停め、荷物を担いで浮き桟橋の先端に釣り座を構えた。ポツポツと雨が降り始めたこともあり、桟橋上に釣り人の姿は皆無である。先述のとおり、足もとからたっぷりと水深がある関係で、ここでは遠投は一切不要だ。エサはマムシとアオイソメの2種類を用意。広範囲を探れる先端部に廣瀬さん、その手前に私の順で竿を並べた。

実釣再開は午後1時ごろ。30~40mラインを中心に扇状に探ってみた。10分後、エサ取りの有無を確認するため竿を順次上げてみるも、エサがそのままの状態で上がってきた。「丸々残っとるなあ~。まっ、エサがついとったら何か食ってくるで!」とよい方向に解釈。新鮮なエサと交換して定期的に打ち返しを続ける。

ジジーッとラインが滑って待望のアタリ!

110513itoyori03.jpg

私は2日目にイトヨリ34cmをゲット。そのほか良型ガシラに50cmのワニエソもキャッチ。なおマダイは30cm弱のチャリコしか釣れなかったが、40cmオーバーも狙えるようだ

しばらくして、廣瀬さんのタックルにラインの飛び出すアタリが出た。「なんか当たった!」と、竿に駆け寄る廣瀬さん。糸フケを取って、魚がエサをくわえているかどうか竿をゆっくり立ててきいてみる。しかし…1発目のアタリは食い逃げの空振り。「あのアタリは、マダイ? アマダイ? イトヨリ?」と、かなり悔しそうだ。雨粒が次第に大きくなってきたが、魚がいることが判明し、2人とも俄然やる気が出てきた。

アタリが出た周辺に仕掛けを打ち返すと、再びジジーッとラインが滑り出た。2度目の引きを待って、バシッと竿を立てる廣瀬さん。と、同時に竿が大きく弧を描いた。「乗った!」と笑顔でリーリング。しばらくして、足もとからピンク色の魚が浮いてきた。「マダイ? アマダイ?」と一瞬、何の魚かわからなかったが、すぐに尾ビレの長いイトヨリと判明。それも40.5cmとなかなかのグッドサイズである。初めて仕留めたイトヨリに「やったー!」と廣瀬さんも大喜びだった。


大型メバル目指し旧港ナイトゲーム シーバスも元気

表層からアクションをつけてフォールで誘惑

110510mebaru01.jpg

冬から春にかけ、釣りモノの少ない時期にアングラーを楽しませてくれたメバルだが、徳島県の小鳴門海峡筋ではこれからも好シーズン。例年6月中旬まで、25cmクラスの良型が活性高く出迎えてくれる

いつもの年より1か月は遅い、徳島県小鳴門海峡筋の良型メバルの活性上昇。本格的になるのはゴールデンウイークが過ぎてからになるのでは…。例年なら4月半ばにはコンスタントに釣れているのだが、今シーズンは釣れたり釣れなかったりとまだムラがある。小型の数釣りなら、表層をトレースするといくらでも釣れるのだが…20cm後半となると運だのみだ。

4月29日、暖かくて絶好のメバル日和。今日こそは良型メバルを――と思いながら小鳴門へ。先日30cmと32cmの、2匹の尺が釣れたという。力が入る。小鳴門に入ったところで電話。釣友の濱田君(ハマちゃん)からで、「北泊に来る」とのこと。「ハマちゃんが来るのなら、カメラマンたのむな~」と、午後10時過ぎに北泊旧港で合流。潮はゆっくりと流れる引きの潮(小鳴門のゆっくりは、ほかでは急流?)。この前使っていたメバジグ4.5gのセットされたタックルを、そのままキャスト。ラインはPE0.3号にフロロ1.5号。メバルを引き抜く強度は十分! 問題は口切れで、昨年は何匹も落としてしまった。

本流筋と反転流の境目がポイントで、本流の上からの流れに乗せてポイントへとジグを誘導する。表層からアクションをつけ、誘いながらフォール。アクションをつけたあとは張らず、緩めず、ロッド操作とリールの巻き取りで微調整しながらの釣り。ジグをシャクってイレギュラーなフォールの動きで誘いを入れる。流れのない場所から反転流の流れに乗ると同時に「ゴン」と手ごたえ! ぐんぐんと入るのを、ロッドとドラグでかわす。「デカい」でもメバルではない。途中でバシャバシャとエラ洗いするのはシーバスだ。反転をして流れに乗り、ナイスなファイトで楽しませてくれる。

流れの筋にジグが入るとジャレつくようにアタック

110510mebaru02.jpg

ファーストヒットは狙いのメバルではなくシーバス。痩せていたとはいえ65cmあり、メバルタックルでのやり取りは楽しかった

さて、どないしてキャッチしよう? 引き抜くのはムリ。ハマちゃんに車から受け玉を取り出してもらうか? それとも、少し離れたところにいた顔見知りの釣り人に借りるか…悩んだあげく借りることに。「お~い、タマ借して~」すくってもらい無事キャッチ。65cmの痩せた魚体。「そこでタマはいるじょ~。車の中では使えませんよ~」と本気顔で怒られてしまい「はい!」と反省。車から出してもらった方がよかったかも…。

気持ちを切り替え、タモも用意してキャスト再開。流れの筋に入ると「コン、コン」と当たる。ジグにジャレつくようにアタックしてきてヒット。クンクンと抵抗をするのを楽しみながら引き抜く。17cmのちょっと小振りなサイズ。腹まわりがぷっくりと膨らみ、何かを食べている。魚体はかなり冷たく、海水温は低いようだ(今年は水温の上昇が遅いのか、足もとのワカメがまだビッシリと生えている。だから釣果にムラがあるのだろう…)。

ボトム付近をしつこく探っているとズシッと重量感!

110510mebaru03.jpg

25cm、できれば28cm、いやいや尺メバル…を期待してロッドを振った当日だが、2人とも17cm前後のリリースサイズばかり。このクラスはパカパカ当たってきたのだが…

表層から3mぐらいまでのタナでは、17cm前後のリリースサイズはパカパカ釣れるのだが、釣行のネタにするには面白みがない。少しでも絵になるサイズを食わそうと中層からボトム付近をしつこく探るも、似たり寄ったりのサイズばっかりでサイズアップしない。底ベタに探れるワームに替えようかと思っていた矢先、「モゾッ」としたアタリ! すかさず合わせる。ズシッと重みがあり、グングンと入る。クラップ80が弧を描き、思わず「デカッ」と声が出る。

これは尺もんだろう。慎重に浮かしに入るが、底への突っ込みが鋭い。何度かの突っ込みをかわしながら見えるところまで連れてきたところで反転。キラッとシルバー色。「あれ~シーバス?」でも突っ込みかたが違うような…完全に浮かすとシーバスで残念。ネットですくってキャッチすると、これは小型のヒラスズキだった。 引きの強さが違うはずか。この後もリリースサイズのメバルが二人とも釣れつづき、時折20cm級が混じってキープ。でも、どんぐりの背比べで、パッとしない。

110510mebaru04.jpg

シーバスとは引きが違い、でかメバルかと期待したが…残念ながら小型のヒラスズキだった

隣の場所が空いたので移動。ダレていた気持ちを一新してキャストするも、先ほどいた場所と同じぐらいのサイズのと、極小サイズのが入り乱れて飛びつく。ワームに替えてボトム付近を攻めるとヒット。生命反応はするが引かない。引っこ抜くとガシラ。次はダブルヒットで二人ともこんな小さいのが釣れるのかと思うぐらいのメバル。流れが緩み潮止まりに近づくにつれて、形が小さいのやらフグなどが釣れて、良型のメバルがのぞめないのであきらめて納竿とした。この日はメバルの良型はでなかったが、5種の魚の顔が見えた。
(賀川正志:徳島市)


磯の半夜開幕!気配むんむん タカムギの尾長

名礁も潮が動かなければただの岩場…

110509gure01.jpg

紀東の磯釣りは人気ターゲットである尾長グレの季節。パワフルな引きを求め5月5日、半夜釣りの始まった新鹿の磯へ上がった

ゴールデンウイークを迎えて磯は一気に活気づいてきた。紀東では5月1日より半夜釣りが始まり、夕方の好時合いに尾長グレが、イサキが、竿を絞り込む季節だ。そんな中5月5日に、クラブの仲間8人が三重県の南部・新鹿(あたしか)に集結。朝から通し釣りでグレ釣りを楽しむこととなった。

渡礁したのは港から一番遠い釣り場である「タカムギ」。潮の通りはバツグンで、尾長グレやイサキの魚影が濃い釣り場である。メンバーは、竿がブン曲がることを願いポイントに散らばった。私は一段低くなった東寄りで竿を出してみる。ウネリが残り、足もとからは竿2本ほどサラシが伸びている。波浪情報では波は収まっていく予報。あとは潮が走るかどうかである。尾長グレは潮次第である。釣り方にもよるが、潮が動かなければどんな名礁でもただの岩場と化してしまう。

一日通し釣りということで、生のオキアミを12kgと、マルキユーの遠投ふかせTR、グレパワーV9スペシャルをそれぞれ2袋。つまり4袋を配合エサとして用意した。午前中分としてそれぞれ半分ずつをバッカンでよく練り合わせ、遠投の効くマキエに仕上げた。このマキエの遠投力が命である。尾長グレが釣れるか釣れないかはマキエの出来で決まってしまうといっても、過言ではない。

かなり深くまで仕掛けを沈めてもサシエが残る

110509gure02.jpg

高場にいた伊藤さんが大きく竿を曲げ取り込んだ魚は…残念、サンノジ。これは「口細グレといいます」と苦笑い

仕掛けも尾長グレに照準を合わせたものとした。パワータックルとしたいところだが、私の経験上、タックルを「剛」にしてしまうとラインにクッションが効かず、バラシにつながることが多い。「剛」より「柔(ソフト)」なタックルとした。竿は1.25号。ラインシステムは、道糸は2号とし、ハリスは1.75号。ウキはグレ専科の00号で、ハリスの上のほうにジンタン2号を1つ打ち、ウキがジワジワと沈むようにした。ハリはグレバリ5号だ。サシエは「くわせオキアミSP」のSとM、そしてイサキ狙いでLなども用意した。

さて、マキエを足もとと竿3本ほど沖にできた泡に入れて、仕掛けもその泡に飛ばしてみた。しかし潮はまったく動かない。ウキを沈め、ハリ先から竿2本分のところに付けた目印が海面に刺さっていくまで沈めてみるも、サシエは残ってくる。仲間も首を傾げながらサシエを交換しては、ポイントに仕掛けを打ち返している。

竿2本のタナで尾長がヒット!やはりタナは深い

110509gure03.jpg

タモに収まるまでは気が抜けない。慎重にやり取りして、伊藤さんが35cmクラスの尾長を仕留めた。最初がサンノジだっただけに喜びもひとしお?

高場で竿を出していた仲間の竿が大きく曲がり、歓声が上がったものの、浮いてきたのは大きなサンノジだった。午前10時くらいまではポツリポツリと竿が曲がるのだが、サンノジと30cmまでの尾長グレだった。例年何度と渡礁しているが、ここまで静かなタカムギは初めてである。潮が動かないとグレやイサキも動かないのはわかるが、小型のグレはもっと釣れてもよいのだが…。

タナが深そうだったので、少し仕掛けを変えてみる。遊動仕掛けとし、ウキをグレ専科の3Bに替え、竿1本半から徐々にタナを深くしていき、竿2本近くまで探ってみた。すると、竿2本近くで尾長グレの30cmくらいのが釣れた。やはりタナは深い。そこで、また尾長狙いの全遊動仕掛けとし、ウキも00号に戻してジワジワと竿2本まで沈めていく方法で攻めてみた。これが正解だったようで、35cmほどの尾長グレが竿をひったくってくれた。しかし、朝の時合いが終わってしまったのか、アタリは長続きしなかった。

川の流れのような急潮となり活性がアップ!

110509gure04.jpg

夕方の好時合いに、期待していたイサギの入れ食いは見られなかったが、40cmクラスの良型をメンバーが仕留めてくれた

「潮よ動いてくれ~」そんな願いが叶ったのか、11時過ぎになると竿3~4本沖にあった潮目が磯際に近づいてきた。そして、その泡が左手にジワジワと流れ出した。沖から潮が突いてきたのだ。「ヨシ来たぞ~」「この潮は間違いなく左手に流れるから、流れ出したら遠投して、その流れの中へウキを沈めて」と、みんなにアドバイスを送る。予想通り、突いてきた潮はゴーゴーと左手となる東に流れだした。あっという間に川のような流れになった。

その流れの中で最初に竿が曲がったのは、私の左手で仕掛けを入れていた伊藤さん。35cmほどの尾長グレだった。そして、私にも待望のアタリが出た。00号のウキを流れにまかせて沈め、ドンドンと送り込んでいくとラインの出で指が一気に弾かれた。少し出したあたりでリールのベールを戻し、竿の弾力を目いっぱい使って魚を寄せた。際に来ても底へ底へと突っ込むが、ラインを出しすぎないように注意しながら浮かせたのは狙いの40cmオーバーの尾長グレだった。

110509gure05.jpg

最後に私をアツくさせてくれたのは40cmクラスの口太グレだった

高場でも竿が曲がり大型のイサキが釣れたようだ。ポツリポツリと35cmクラスの尾長グレが竿を絞り込む楽しい時間となった。しかし、潮の流れは1時間も続かず、また沈黙の時間が続いた。夕方の好時合いには「良型のイサキが入れ食い」を予想していたのだが、原さんが40cmのイサキを仕留め、私に40cmの口太グレが釣れたのみだった。例年よりも水温がまだ低めで半月ほど遅れているようだが、爆釣モードに突入するのは時間の問題のような、気配ありありの新鹿だった。
大谷善正:三重県釣連盟会長、三重グレ研会長)


平磯「投げ」づり公園 東のカレイ&西のアイナメ!!

竿を構えた4番テント前の沖には釣れそうな潮目が

110422hiraiso01.jpg

4月に入ってからアイナメとカレイの釣果が上向きな平磯海づり公園。中写真はアイナメの実績が高い西端、下写真は砂地が広がりカレイ釣りに向く東端のようす

今年はハズレ年? それとも当たり年? 本来なら最盛期に突入しているはずの神明間の花見ガレイだが、今年は冬場の低水温や地震の影響もあってか、シーズンインが大幅に遅延…。さらに好機の3月末ごろは、トロ藻と呼ばれる海苔くずが各地で大量に浮遊していたため、ハリのエサが隠れて魚が釣れないというダブルアクシデントに見舞われていた。「今春はこのまま終わってしまうのか?」とヤキモキしていたところ、4月初旬になって、神戸市垂水区の平磯海づり公園で好釣果が続出しはじめた。「やっぱ花見ガレイは明石海峡! 善は急げ!」というわけで、さっそく同公園へ向かった。

釣行したのは4月20日(水)。午前6時のオープン後、「4番テント前」にクラブ員の廣瀬多賀樹さんと竿を並べた。70~90mラインによい潮目ができており、いかにも釣れそうな雰囲気がプンプン漂っている。「朝イチが時合いや!」と潮目付近めがけて仕掛けを投入した。春季にアオイソメの房掛けでよい思いをしている廣瀬さんは、当日もアオイソメ主体に使用。一方、マムシで実績が出ている平磯の特徴を重視して、私はマムシをメインにして狙うことに。果たして、どちらに軍配があがるのか?

朝の時合いが到来!アイナメとカレイが連続ヒット

110422hiraiso02.jpg

最初にヒットしたのは26cmのアイナメ。クジメはよく釣れていたのだが、アイナメは久しぶりで、思わず顔がほころんだ

その答えは、午前7時半に訪れた。80m付近に投入していた私の竿の竿先に小さなアタリが出て、26cmのアイナメが海面を割った。小型でも、いっちょ前に見せたアイナメ独特の首振りダンスは見事! クジメはよく釣れるが、「アイナメは久々」と自然と顔もほころぶ。さらに10分もしないうちに、34cmのマコガレイがアイナメと同じポイントでヒットした。アタリは見逃したが、そっと誘いを入れたとき、ググッと「相手」が引っ張ったので、即アワセを入れた。ヒットエサはいずれもマムシ。アイナメは2本バリ仕掛けの下側、赤色のエッグボールが付いたカレイバリ12号に乗った。「時合い到来?」と、廣瀬さんもキャストに力が入るが、朝の時合いは2匹で終了…。その後、下げの激流となり、しばらく竿を上げてひと休みすることにした。「潮待ちする間ヒマやし、西端まで行ってみましょう!」

てくてく歩いていくと、8番テント前でメバルをバンバン上げている方に遭遇。「めちゃ釣れていますね! 唐揚げで食べるんですか?」と聞くと、「開いて一夜干しにするとうまいで!」と男性。バケツの中はあふれんばかりのメバルで埋め尽くされていた(最終釣果は15cm前後のキープサイズを35匹)。さらに西端へ行くと、常連さんが竿を出していた。「今日はアカンけど、たまに大きいのが釣れるで」とのこと。この常連のおじさんは20cmのアイナメ1匹をキープしていた。

イイ感じの潮目が出るもアタリは続かず…

110422hiraiso03.jpg

こちらがアイナメの次にヒットした34cmのマコガレイ。このクラスなら納得の1枚だ

昼前に潮がゆるみ始め、キャスト再開。しばらくして、廣瀬さんが足もとで15cmぐらいのガシラをゲットし、私も同型のムラソイをキープ。その後、90mラインで19cm前後のクジメが2匹ヒットした。魚はいるようだが、アタリは続かず単発ぎみ…。「潮目はよい感じで出とんやけどなあ~」とキャストを続けるも、なかなか本命のカレイ&アイナメは姿を現さない。エサ取りもほとんどいないので、流れが緩やかなときは、30分ほど放っておいてもそのままの状態で上がってくるので、ある意味、楽といえば楽だが…。

閉園1時間前の午後5時ごろ、1~3番テント前付近に緩やかな流れの潮目が出現!「最後のチャンス」と、4番テント前から移動して東端で竿を出してみることにした。同じく80mぐらいに投げ込んでいたところ、19cmの手のひらガレイを取り込むことができた。ヒットタイムは午後5時半。カレイは朝イチと夕まずめに1枚ずつだったが、クジメやガシラは、日中に各所でポツポツヒットしていた。

例年5月いっぱいカレイOK!GWからはチヌやマダイも

110422hiraiso04.jpg

一緒に竿を出した広瀬さんはアイナメ、カレイには恵まれず。しかしながら足もとでガシラやクジメを上げていた。最後に私に本命カレイがヒットしたが、これはまさかの手のひら級…

当日のポイントである平磯海づり公園だが、4番テント前と東端は砂地が多く、根掛かりが少ないため、カレイ狙いに定評がある。4月の目立った釣果を上げると、4月3日に東端(1番テント東寄り)でマコガレイ34cm、10日に4番テント東寄りでアイナメ33cm、11日に東端でマコガレイ31cm、12日に1番テント西寄りでマコガレイ40cm、16日は東端でマコガレイ32cm、17日は4番テント前でマコガレイ16~39cmを4枚、18日は4番テント東寄りでマコガレイ32~33cmの2枚が出ている。

また、12番テントから西端一帯は根が多く点在しているためアイナメが濃い。4月5日に西端で32cm、6日に12番テント西寄りで38cm、12日に13番テント前で35cm、15日は8番テント東寄りで36cmが出ており、「東のカレイ」に対して「西のアイナメ」というように釣果がわかれている。ちなみに4月13日に釣行した際は、25cmのマコを1~2番テントの中間付近で1枚、4番テント東寄りで20cmのマコ1枚の計2枚を仕留めた。入れかわりたちかわり15人ぐらいのキャスターが訪れ、全体で上がったカレイは3枚のみだった。

平磯海づり公園では、例年5月末までカレイが狙えるのでオススメ。流れの速いときは足もと直下でのアイナメやクジメ、ガシラ狙いも面白く、30cmオーバーのポン級も単発で出ている。2番や5番テント前はとくに根掛かりが激しいので、潮止まり前後の短時間勝負となるが、5番ではゴールデンウイークごろから45cmオーバーのチヌや40cm級のマダイも釣れるようになるので、本コウジのエサで狙ってみるのも面白そうだ。
渡辺大輔:神戸投魂会)


春告げメバル サビキでぞくぞく 須磨海づり公園

ファイダー越しに眺めていると驚きの光景が…

110405mebaru01.jpg

須磨海づり公園のもっとも沖に位置する第2釣台は現在、メバル釣りで好釣果が出ているホットスポット。常連釣り師が大きく竿を曲げ、おもむろに道糸を手繰り出した!

常連とおぼしきひとりの釣り人が、竿を大きく曲げている。3月26日(土)午後3時半、神戸市立須磨海づり公園・第2釣台西側外向きでの出来事だ。ちらりと見えた仕掛けには、上に中型のメバルが1匹、下には25cmを優に超えているであろう立派なメバルが1匹。これはぜひ、写真を1枚撮らせてもらおうとカメラを構える。しかしながら良型が1匹ついているにしても、抜き上げにえらい時間がかかっている。トラブル? すぐさま「タモいりますか?」と声をかけてみたが、「大丈夫」とのこと。こちらはファインダー越しに、その様子を見守っている。

すると、おもむろに竿を放りだし、道糸を手繰り始めた。なんだ、なんだ!? やっぱりリールが壊れていたのだろうか…そう思ったとき、目に飛び込んできた光景は、この釣りの実力をまざまざと見せつけるものだった。良型の下に、もう1匹の良型が。さらにその下にも、良型がついている。中型1匹に良型3匹の計4匹が、仕掛けにずらりと掛かっていたのである。そしてその重みで、リールでは巻き上げることが苦しくなり、手繰り上げることにしたもよう。無事に抜き上げられ、釣台に横たわった良型3匹はどれも25cmを超えていそうだ。

メバル50匹!まるで船釣りの竿頭…そんな好釣果も

110405mebaru02.jpg

週一で茨木から通っているという荒岡さん。道糸を手繰り、良型3匹を一気に抜き上げた! 最大は28cm。クーラーが小型だと、このワンチャンスだけでいっぱいになることも…

神戸市在住の中村俊信さんから、須磨海づり公園のメバルが激アツとの情報が寄せられたのは3月23日。「おととい、1時間半だけ様子見がてら行ってきましたが、30.5cm頭に7匹の釣果。よいポイントにいた常連さんは15~30cmを50匹ほど釣っていました」と、耳を疑うような話。現在、須磨や明石周辺の乗合船が沖に出てメバルを狙ってはいるが、50匹なんてそうそう出る釣果ではない。ちなみに、すでにお気づきの人もいるだろうが、中村さんとはあのショアジギングで知られた中村さんだ。カルティバ・テスターなどを務め、第一線で活躍するバリバリのショアジギンガー。そんな中村さんだが、釣りは船も含めて幅広くこなし、この須磨のメバル釣りも長年に渡って楽しんでいるという。

そこで急きょ須磨のメバル釣りをレクチャーしてもらおうと、3月26日、同行取材をお願いした。当日は、中村さんの仕事の都合で午後1時半に公園で合流。受付で中村さんと会い、釣台の方へと向かう。この日は午後から潮が東向き(明石から神戸方面へ)に流れる予想のため、第2釣台西側の外向きへ釣り座を構えた。なぜ? その前に現在、釣果を上げている、サビキ仕掛けを使った「メバルサビキ」のことを紹介しておこう。そう、ここ数年、船釣りでも人気のメバルサビキだ。船の場合は流し釣りでポイントへ近づきヒットを待つのだが、沖合400mまで延びるここ須磨海づり公園では建物そのものが魚礁となっており、公園についたメバルを狙う格好となる。

入門は意外と簡単も奥はものすごく深い釣り

110405mebaru03.jpg

ショアジギングで活躍している中村俊信さんだがほかの釣りにも精通。とくに須磨のメバルサビキはその奥深さに惚れ込み、いろいろ試しているという。この釣りでもっとも大事なのは底をしっかり把握することで、そのために目印は必須。釣り始めは底取りからスタートするのが基本となる

「仕掛けはいろいろあり過ぎて、凝れば凝るほど面白くなりますが、はじめはシンプルに考えた方がいい」と中村さん。10年以上もこの地に通うベテラン釣り師は、サビキ仕掛けそのものを自作する人も少なくないが、まずは市販されている船用メバルサビキ仕掛けを使えばエントリーしやすい。中村さんのタックルは、磯竿2号4.5mに小型のスピニングリール。道糸にPE1号を使っているのがポイントだ。感度がいいのと、ナイロンなどより細いものを使えるため、潮の抵抗を少なくできる。

仕掛けは胴突きサビキの5~10本バリで、基本は「使いこなせるハリ数」を選べばいい。8本バリ仕掛けをもってきたけど、仕掛けが長すぎて扱いづらい…なんてことなら3本ぐらいカットしてもオッケー。オモリは5号をメインに、潮の緩いときや食いの渋いときは3~4号、潮の速いときは8~10号と使い分けるので、いろいろ持っておくと便利。形はそれほど気にする必要はなく、ナス型やつり鐘タイプで十分。エサを用意する必要がないのがメバルサビキの良さではあるが、その分、サビキの種類や色などが問題となってくる。この時期メバルが捕食しているイカナゴに似た、ハゲ皮やサバ皮など白っぽい色をしたものが、まずはオススメ。ほかには、船で実績を上げている緑色のサビキも効果的だ。ハリスは0.8号、ハリは5号クラスで、ハリスの長さが20cm以内のショートタイプを選ぶと使いやすいだろう。

20cm超ずらりで抜き上げにひと苦労することも

110405mebaru04.jpg

潮上に軽く仕掛けを振り込み、目印で底ダナを把握しつつ足もとへカーブフォール。足もとへ仕掛けが来たときに、アタリが頻発するという。足もとを過ぎ、少し待ってアタリがなければ回収し、再び振り込み…これの繰り返してアプローチしていく。また、アタリがあった際はしばらく待ち、追い食いさせてから上げるのが数釣るコツだ

実際の釣り方だが、その前にとても重要なことが1つ。まずは足元に仕掛けを下ろして着底を確認。そして、そこから50cm程度上げたタナで、手元の道糸に、そのタナがわかるように目印をセットするのだ。「この目印により、不用意に着底することがなくなり、根掛かりを防止できます」さらに、毎回タナを探る・合わせる必要がなくなるので、効率が非常にアップする。ここまで用意できたら、仕掛けを軽く振り込み、目印に従ってタナを合わせて、釣台までカーブフォールで探るだけ。この際、潮の向きが大事で、当て潮になるようにするのがポイント。明石から神戸への流れである今回の場合、西側の外向き(一番明石側)に釣り座を構えるのがベストだ。逆向きの流れ(神戸から明石)の場合、東側の外向きがポイントとなる。実際この日、冒頭で紹介した茨木市の荒岡良二さんが28cmを頭に3匹の良型を仕留めたポイントも、第2釣台西側外向きの真ん中付近だった。

「状況の良いときなら、7本バリや8本バリに20cmオーバーがずらりと掛かって、抜き上げるのに苦労するぐらいですよ」と、この釣りの楽しさを語る中村さん。また、本当にそんな状況になり、当時はオモリ負荷30号の船竿を使用していたのだが重みで曲がり過ぎて巻き上げることができなくなり、仕方なく手繰り上げることに…。その後、より張りのあるパワフルなこの磯竿2号を新調したとのこと。しかしながら、この日は春の嵐と呼んでも差し支えのないほど強風&極寒。さらに急潮で知られる明石海峡がすぐそこにあるのに、小潮だったためか潮がほとんど動かず。午後1時半から閉園の午後5時までみっちりやり込んだのだが、メバルのヒットには至らなかった。ほかの常連さんたちも大苦戦の一日だったようで、この日はワンチャンスをものにした荒岡さんの釣果が光る結果となった。

110405mebaru05.jpg

この日は条件が悪く常連さんも悪戦苦闘。おっ3連で釣れてますやん! と声をかけるも「こんなん小さすぎるわ」とすべてリリース。須磨では20cmを超えないと持ち帰らない人も少なくないらしい

サビキで狙うメバルのシーズンは、イカナゴ漁の始まる3月から、4月の中旬までがひとつの目安。その後は状況によって、イカナゴの多い年は5月頃まで狙えるとのこと。ちなみに公園スタッフや常連の間では、この釣りは「ひらひら」と呼ばれているので、状況を聞く際に「今日、ひらひらの方はどうですか?」という感じで使うと通りがいい。そして後日(4月4日)、中村さんがリベンジしたところ、17~28cmを12匹(17cm以下のリリース20匹)。20cmオーバーの8連があったものの、ラインブレイクしたとのこと! エサいらずで思い立ったら釣行でき、足場もよく、施設のそろった須磨海づり公園のメバルサビキ。船酔いもないので、この春チャレンジしてみてはいかがだろうか。
(編集部)


美浜沖の砂泥底 ググッと重量感 美味コウイカ

地元でヌウと呼ばれる泥気の多い砂底をアプローチ

110325ika01.jpg

上写真のイカ2種類、いろいろな呼び名が使われているが、標準和名は上がカミナリイカで、下がコウイカ。どちらも食味がよく、この2種がいっぺんに釣れる三尾の沖へ、日ノ岬丸Ⅱに乗り込んで狙ってみた

ひとたび怒らせると、際限なくスミを吐き続けるところから関東では「スミイカ」と呼ぶが、甲の下端にハリのような突起があることから関西では「ハリイカ」と呼ぶイカの正体をご存じか? その答はコウイカ。

ならば、コウイカが好む砂泥底に多く、背にキスマークにも見える眼のような形をした紋が無数に散っているイカといえば…「そりゃあモンゴウイカだろう」と答える人が圧倒的に多い。ほかにも「コブイカ」とか「マルイチ」と呼ぶ地方もある。そして、背中の特徴的な紋が呼び名になったからモンゴウイカが本名だと思っている人が大半なのだが、これが違う。標準和名は「カミナリイカ」である。なぜカミナリイカなのかというのは諸説あって、雷がよくなる地方でよく取れるからとか、雷が鳴る季節が旬だからともいわれる。

とかくイカの呼び名というのは、釣り人泣かせでややこしい。それでも、イカが好きという釣り人が多いのは、とりもなおさずおいしいからである。釣って帰ってご近所にお裾分けしたときも、一番喜ばれるのがイカである。そのおいしいイカが2種類も釣れる、おいしい釣り場を紹介したい。場所は和歌山県美浜町の三尾(みお)の沖だ。三尾漁港を出たところにある逢保(おいぼ)の磯の沖から東側、広大な煙樹ヶ浜(えんじゅがはま)の沖にかけて、地元で「ヌウ」と呼ぶ泥気の多い砂底が一面に広がる。ここにスミイカ(標準和名=コウイカ)とモンゴウイカ(同=カミナリイカ)が居(?)を構えているのだ。

沖のイカポイントでエンジンを止めての大流し

110325ika02.jpg

常連の皆さんは、餌木にオモリをぶら下げた自作仕掛けを用意してのアプローチ。さすがに手慣れていて、すぐに良型のスミイカがヒットしてきた

この2大スター(?)のシーズンは、例年10月の終わり頃から翌春まで、11月から12月にかけてが勝負のときらしい。が、僕が出かけたのは3月初旬、はたして律儀にも春3月まで残ってくれているものか、一抹の不安を抱えての出船となった。船は、団栗船長の操る日ノ岬丸Ⅱ。イカが潜んでいそうな沖のポイントへ出たら、そのままエンジンを切って大流しだ。時は3月4日、この日は、僕とサンテレビ「ビッグフィッシング」のリポーターでおなじみ藤原茉莉央さんが、最後のお勤め(リポートがこの日で最後だった)にやってきていた。そして同船していただくのは、イカ名人の3人。

しばらくスミイカを狙っていなかったので、仕掛けがさらに進化しているのさえ知らなかった。イカ名人の皆さんは、餌木のお腹あたりにタングステンのオモリをぶら下げた、餌木直結仕掛け、僕たちは25号の中オモリをつけ、オモリから3号のリーダーを1ヒロ取った初心者(?)仕掛けだ。さて、チョイスする餌木は何色がいいのか? 団栗船長のイチオシはオレンジ。何でもかんでもオレンジ。大きさは3.5号といわれ、ちょっと派手めのオレンジを選んでみた。

オモリ直結の餌木仕掛けで3名人の独壇場

110325ika03.jpg

つぎつぎにモンゴウイカとスミイカを乗せる常連の皆さん。どれも食べ頃サイズでうらやましい…

紀伊水道につき出す日ノ岬が風をさえぎってくれるので、冬場でも船を出せるのがこの釣り場の強みだ。この日も北よりの風が吹いていたが、さほど強くはない。港から10分ほど走って、一流し目が始まった途端、ミヨシに陣取ったイカ名人から「乗ったよ~お」の一声。見るともなしに目を向けると竿が美しい弧を描いている。やがてイカが海面に姿を現わし、エンペラを波打たせながら船端へ寄ってきた。それは1kg近くある見事なモンゴウイカだった。生きている間しか見られない甲の周りの緑の縁取りが、夜光虫のように輝き鮮やかだった。

最初は、餌木直結の3名人の独壇場だった。僕と藤原さんにはアタリもないのに、3人が代わる代わる「乗ったよ~お」、「また乗ったよ~お」と声を上げる。釣れるのは型のよいモンゴウイカがほとんどで、スミイカは5ハイ釣れたら1パイまじる程度だ。船長いわく、スミイカは日ノ岬より沖側に多く、三尾から煙樹ヶ浜の沖はモンゴウイカの方が多いそうだ。それにしてもなぜ、僕たちの仕掛けには来ないの? 餌木は底を引きずるぐらいがよく、ときどき竿をしゃくって餌木をフォールさせる、これの繰り返しなのだ。

やり取りは慎重に…触腕弱く切れる可能性あり

110325ika04.jpg

ビッグフィッシングのリポーターを卒業する藤原茉莉央さんが有終の美を飾るべく奮闘。まずは堂々のモンゴウイカをゲット

3回ほど船を流し変えただろうか、船長からレクチャーを受けていた藤原さんが突然「来たァ!」と大声を上げた。軟らかめの竿が気持ちよく曲がっている。気負い込んでリールを巻く藤原さんに「もっとゆっくり、ゆっくり巻いた方がええよ」とアドバイスが飛ぶ。そういえば、イカが乗ったと思ってもふっと外れることが多い。そして、巻き上げてきた餌木を子細に点検すると、掛けバリの部分に白いイカの吸盤だけが残されていることがよくある。スミイカやモンゴウイカの触腕はアオリイカよりずっと弱いのだ。だから、やり取りが強引だと触腕が切れてよくバレるのだ。

藤原さんの1パイ目は、堂々のモンゴウイカだった。この1パイがきっかけになって、ようやく僕たちの餌木にもイカが乗り始めた。イカが乗るのは、しゃくった餌木がフォールしている間だから、ここでは乗ったかどうか分からない。イカがしっかり餌木を抱えて、こいつはおれのエサだぞうと自己主張しはじめるころ、船が風に押されて移動し道糸がぴんと張りつめると、ようやく手元にイカの重みが伝わってくるのだ。イカ釣りに夢中になって気付かなかったが、西側の空に黒雲が湧き、大粒の雪が舞い降りてきた。和歌山の海で、日ノ岬の陰で、吹雪の中で釣りをするのは初めての経験だった。

110325ika05.jpg

ようやくの1パイに安堵。これでおいしい食材にありつけた。藤原さんはその後も順調にヒットを重ねて目標の5ハイを達成

モンゴウイカとスミイカを交互に釣り、出船前に宣言した5ハイのイカを釣るという目標を達成した藤原さんが喜々として船を下りたのは、午後1時過ぎだった。船長の話では、釣る気さえあれば4月に入っても、モンゴウイカもスミイカも十分狙えるそうだ。モンゴウイカは、造りとゲソの塩焼き、スミイカはにぎり寿司にしたが、釣った日よりも翌日の方が身に甘みが出ておいしかった。特にスミイカのにぎりは、1人で6~7貫は軽くいけそうだ。
今井浩次:ビッグフィッシングレギュラー解説者)


春アオリ咲くッ!キロ超ぞくぞく エギング由良半島

潮の動く半島先端付近のポイントをチョイス

110311aori01.jpg

キロ超の大型アオリの接岸シーズンが到来! 事前の情報がまったくない状況だったが、ひとまず潮のよく動く由良半島先端の網代へ足を向けた

みなさん、大変ご無沙汰しておりました。高知のエギンガー梶原甲史です。釣りに行っていなかったわけではなく、今年に入り寒波の影響やら、つい先日行われた「第2回 宿毛ペアエギング大会」のスタッフとしても動いていたのでバタバタとしており、まとまった釣果もない状態が続いておりました。

そんな中、2月下旬のポカポカ陽気が続いたときに、ちょうど時間ができたので、2月25日、ちょ~久しぶりに私のホームでもある愛媛県由良半島へエギングに行ってきました。以前このフィールドは、私も紹介したことがあるとは思いますが、ここは宇和島市と愛南町の境でもあり、半島が東西に長く突き出たところです。この半島の中でも、先端付近に位置する魚神山(ながみやま)と網代(あじろ)は、常に潮がいい感じで動くところでベイトも豊富、過去に何度もデカイカを釣ったことのある実績フィールドです。本当に久しぶりだったので、ここ最近の情報がまったくない状態でのスタートとなりました。

はじめに入ったフィールドは、半島の先端に位置する網代。どうしてかというと、この日は小潮まわりだったので、少しでも潮の動くポイントをセレクトしました。ここのボトム形状は、砂地に大小のゴロタ石がゴロゴロと点在しており、防波堤の基礎である平ブロックが、ディープから湾内へ向けてブレイクラインを形成しており、湾内にはアオリイカの産卵場ともなる藻が多く生えています。このブレイクラインに沿って、ディープエリアからアオリイカが産卵のために湾内へと入って来たり、またはディープへと落ちていくといったように、回遊ルートとなっています。水深は、防波堤の手前では3~5mと浅く、ブレイクラインから沖では遠浅の地形となっており、餌木がキャストして届く範囲の水深は10m前後。このように、めちゃくちゃディープでもなく快適に釣りができるといった感じのフィールドです。

そして、水深も深くないし、風もおとなしかったので、この日は3.5号のエギ番長をつけ実釣スタート。着底を待つ間のラインを送っているときも、ラインの出方で潮がきいているのを確認、これは釣れるでぇ~! と思い、潮に餌木を流しながら着底させ、スラックジャークでボトム付近に潜んでいるであろうデカイカに照準を合わせ、誘ってやることに。フォールは、この日の状態が掴めるまではカーブフォールで、アオリイカがどのレンジにいるのかをリサーチ。

キロアップ確定ににやけたものの餌木横抱き!!!

110311aori02.jpg

カーブフォールでの攻めが効果的と判断し、アプローチを繰り返すと来ました1.2kgと1.5kgのキロアップ2連発!

こんな感じのメソッドで数投目のことでした。着底させ、餌木をスラックジャークで跳ね上げ、カーブフォールさせてやると、ロッドティップごと持っていかれるくらいの強いアタリが!「きたぁ~!」と思い、合わせを入れるとスカッ…。あれ? あんなに強く当たったのに乗らない…。おかしいなぁ~? と思いつつも、まだいると確信があったので餌木を回収せず、再度同じように攻めてみると、またカーブフォール中にガツンとティップを持っていくアタリが!「今度こそ!」とアワセを入れると、その瞬間にジィ~~ジィ~~~ジィ~~~~っ。気持ちいい(笑) 久しぶりのキロアップ確定に顔がにやけました。

そして、慎重にやり取りをして寄せてくると、餌木を横抱きしているじゃないですか…。ヤバいと思いつつも、ロッドを餌木の頭側へ向け、ラインを張ってアオリイカの体をカンナ側へ向けさせようとすると、なんと1番小さい足にフッキング! これはますますヤバい…と思った瞬間、バイバイキィ~ンって最後のジェット噴射で海の中へ帰っていってしまいました(泣)

しかし、この個体を見た際、体に争ったときについたと思われる噛み跡があったので、これはまだいると思い、少し立ち位置をかえてキャスト開始。メソッドは、今日はカーブフォールが当たりだと思い同じように攻めました。すると今度はラインが緩むあたりが!「今度こそ!」と思い、アワセを入れるとラインは出ませんが、キロはありそうないい引きが伝わってきます! そして無事にギャフアップして計測してみると1.2kgのまずまずのアオリイカでした(笑)

よぅ~し、サイズアップや! と思い、少しディープ側へキャスト。同様のメソッドでまたティップにアタリが来ました。今度はひと呼吸おいてアワセを入れ、フッキング成功。その瞬間、ジィ~~ジィ~~~ジィ~~~~と鳴りながらラインが出ていきます。やったぁ~、リベンジ成功だ~! そして、慎重に寄せてきて無事にギャフアップ。計測してみると1.5kgの満足いくサイズでした。このあとも、粘ってみたのですがコバッチが2ハイ釣れただけ。時合い終了か? と、いうことで魚神山へ移動することにしました。

ヨッシャー2kgクラスGETと思ったものの…

110311aori03.jpg

シメは2kg!! にはちょっと足りずの1.9kg。しかしながらキロアップ3バイに充実した一日を過ごすことができた

ここ魚神山は、以前紹介したことがあるフィールド。ですのでフィールド詳細は、過去の記事を参考にしてみてください(笑) ついてすぐに、私は防波堤の先端からディープを攻めることに。潮止まりの時間も近づいてきていることから、シャローよりはディープのほうが、潮が動くと思いアプローチ。そして湾内側へキャスト開始。餌木をしっかりと着底させ、スラックジャークで餌木を跳ね上げるも潮が緩い感じ。しかし、しっかりとボトム付近を攻め、今度はフリーフォールで食わせの間をつくってやると、「バチン!」というめっちゃ強いアタリが!

私の過去の経験上、デカイカのパンチは強いのがわかっているので、これは…!? と思い、少し間をおいて鬼アワセを入れました。するとその瞬間、ジィ~~~~~~~ジィ~~~~~~~~ジィ~~~~~~~~~~~~~~~~! と、リールが悲鳴を上げております。「これは2kgいったなぁ~(笑)」とウハウハしながら慎重にやり取りをし、無事にランディング成功! 計測の結果1.9kg…あと100g足らないやん(怒) めっちゃ悔しかったけど大満足の1パイです。

ここでみなさんに、デカイカをかけたときのアドバイスを。みなさん、デカいイカがかかったらドキドキして慌ててしまいませんか? この慌てることが、バラす原因にもなるのを知っていますか? バラすまいと、慌ててリールを巻いている人をよく目にしますが、みなさん、相手はイカです。青物と違い、絶対に横走りしないですよね(スレ掛かりは別ですが)。ほとんどのイカは、後ろに走るでしょ? 走るときは走らせればいいのですよ。人間もそうですが、長距離走るとバテますよね(笑) それと一緒です。慌てず、走るときはしっかりと耐えて、まずはアオリイカを海面に浮かし、浮いたら巻いて寄せればいいのですよ。あとは経験がものをいうでしょうが、デカいときほど冷静にですよ!

さて、本題に戻って、この1.9kgを釣り上げたあとは、潮止まり前にコバッチを1パイ追加し、その後、潮も完全に止まって生命感がなくなってきたので終了としました。結局この日は、1.2、1.5、1.9kgを頭にコバッチ3ハイの、合計6パイでしたが、気持ちのいい釣りができました。みなさん、春イカシーズンはすぐそこまで来ております。タックルの準備はできていますか? 私も、またみなさんにいい報告ができるように、これからばんばんエギングに行ってきたいと思います。
梶原甲史:DRESS・ワンナックフィールドモニター)


冷水コウゾウの鼻 投げ釣り好調!キビレ&チヌ連発

アップダウンの山歩きを乗り越え十数年ぶりのポイントへ

110228nage01.jpg

海南市冷水にあるコウゾウの鼻というポイント。和歌山のキャスターの間では昔から知られたポイントで、チヌやキビレの好ポイント

寒~い、寒~い今年の冬。和歌山市では27年ぶりの積雪を観測し、めったに見ることのない雪景色に子供のようにテンションの上がってしまった僕ですが、例年にない厳しい寒さでボーズ釣行の回数も積もり始め、少し焦りながら今年の寒さの厳しさをあらためて実感しています。そんな中、同じ投げ釣りクラブのメンバーである笹倉君が海南市冷水(しみず)の「コウゾウの鼻」へ釣行し、順調にチヌの釣果を上げていたので、少し暖かく感じた2月20日(日)、笹倉君と一緒にコウゾウの鼻へ釣行しました。

思い起こせば僕は、コウゾウの鼻への釣行は十数年ぶり。釣り場は大きなT字波止になっていて足場も良く、水深もあり、冬場の釣りにはもってこいの釣り場なので、以前はよく釣行したのですが…釣り場までの15分足らずのアップダウンの山歩きがキツくて、完全に足が遠のいていました。笹倉君は年に何度かの釣行を繰り返し、キビレやチヌの釣果を上げていて、2月6日にはスズキ55cmとチヌの45cm&47cmの釣果を上げています。

朝イチはルアーでシーバス狙い!キター!!

110228nage02.jpg

最近の投げ釣りではT字になった波止の左先端からが好調ということで、二人で並んで2本ずつ竿をセット

笹倉君のアドバイスで、当日は夜明けよりルアーでスズキを狙い、そのあとはゆっくりと投げ釣りでチヌとキビレを狙う2本立てで挑んでみました。朝の5時30分に笹倉君と待ち合わせて、いざ山歩きに出発です。通いなれている笹倉君のあとを、息を切らしながら必死について行き、十数年間の老いを実感しながら15分ほどで無事に釣り場へ到着しました。さっそくルアーのタックルを準備し、笹倉君はレッドヘッドのフローティングミノーで、 僕はチャート系のバイブレーションでキャストを繰り返しますが、まったくアタリがありません。

やはり先週の雪と雪どけ水の影響で海水温が下がり、魚の活性が悪くなったのかな? と思っていると、隣から「バシャバシャ」っとエラ洗いの音がし、見ると笹倉君が満面の笑みを見せながら「キタ~!」と叫んでいます。しかし、次の瞬間に海面をルアーだけが飛び跳ねて痛恨のバラシです。僕もすかさずルアーをフローティングミノーにチェンジしキャストをすると、「コン!コン!コン!」とルアーにアタックはしてくるものの、なかなかあわすタイミングがなく、ルアー回収となってしまいます。

ふと、笹倉君の引いているルアーに目をやると、60cmぐらいのスズキが後ろから追っかけて来ています。2人で声をそろえて、「食え!食え!」と声を上げますが、見事にスルー。その後も何度かルアーにアタックして来たり、スズキが海面を切ってルアーに飛びついてきたりと楽めるものの、なかなかハリ掛かりはせずに、結局スズキはノーフィッシュとなってしまいました。

2投で2匹に顔がにやけてさらに…!?

110228nage03.jpg

90mラインに投げ込んだ1投目にいきなり36cmのキビレがヒット!さらに70mラインに投入してあった2投目にも37.5cmのキビレが掛かり2連チャン

スズキに見切りをつけ、第2ラウンドの投げ釣りをスタートしたのが午前7時50分。以前はT波止の右側先端の左角から45度方向と、波止の延長線方向もよく釣れたのですが、笹倉君の話しによると最近は左側先端の波止の延長線方向がよく釣れているということなので、T波止の左側先端より笹倉君と2本ずつ竿を出すことにしました。エサのボケを2匹刺しにして、笹倉君のアドバイス通り1本は90mラインに、もう1本は70mラインにキャストをします。2本の竿を出し終わったところで、朝から遊ばれてしまったスズキがどうも気になり、再びルアーロッドをキャストしていると、右側の90mラインにキャストした竿から「ジィー!ジィー」とスプールの逆転音がし、慌ててルアーロッドを置き、右側の竿にアワセを入れます。途中で何度かの締め込みを楽しみながら上がってきたのは36cmのキビレでした。

これでボーズは逃れたと、ホッとしながら再び90mラインにキャストして三脚に竿を置こうとすると、今度は左側の竿から「ジィー!ジィー!」と音が鳴り響き、「2投で2匹!?」と思いながら自然と顔がにやけてしまいます。先ほどより少し強い締め込みを感じながら上がって来たのは37.5cmのキビレ。再度、同じポイントにキャストしてアタリを待っていると、さっきキャストをした左側の竿先が「コンコン」とすぐにアタリがあり、またまたリールが「ジィ~」と鳴ります。ドラグを締めてアワセを入れリーリングしていると、先ほどとは少し違った締め込み。釣り上げたのは42.2cmのチヌでした。

なぜか僕の竿にだけアタリが出て…

110228nage04.jpg

さらにさらに3投目には42.2cmのチヌが食ってきて、3連続ヒット!その後も手返しよくアプローチし2匹追加。活性は高いものの食い込みは浅く、口の皮1枚でのヒットが目立ちました

今日はアタリも大きく、勢いよく走ってくれるので、活性が高いのかもしれませんが、3匹ともハリが口の皮一枚のギリギリ状態なので、食い込みは浅いような気がします。このコウゾウの鼻では満潮から干潮にかけての下げ潮にアタリが多く、本日は満潮が午前7時30で干潮が午後1時30分ですから、まさにデータ通りの結果となっています。隣で竿を出している笹倉君もいまが時合い、干潮まではまだまだ釣果が期待できるとエサを付け替え、手返しよく投げ返しますが、なぜか不思議に僕の竿だけにアタリが出ます。

その後も僕は36.2cmのチヌと36.7cmのキビレを追加することが出来ましたが、無情にも笹倉君のリールからスプールの逆転音が鳴り響くことはありませんでした。笹倉君のアドバイスのお陰で久しぶりの釣果に恵まれて、笹倉君に感謝! 感激! の楽しい1日となりました。
(空山佳弘:サーフ紀州


ルアーゲームで シーバス&メバル 鋼管堤防のヨル

たそがれの鋼管堤防にクラブメンバーが集結

110225seabass01.jpg

40cmクラスまでだが、2ケタ釣果を上げ満足げな田中さん

厳寒で磯も沖も厳しいシーズンを迎えているが、三重県の堤防や護岸ではシーバスが元気になってきた。2月18日は、津市の鋼管堤防(こうかんていぼう)にルアークラブ「魚魚クラブ」のメンバーが集結。夕まずめの堤防には、先端から南向きのポイントに5~6人の顔なじみのルアーマンが集まった。挨拶を交わして、それぞれが好きなポイントに入っていく。潮は堤防南面に沿って先端部の西へ向かって流れている。ジワジワと歩くくらいの速さのよい流れだ。

少し潮上にキャストし、流れに乗せながら表層をトレース。潮上である左手にキャストしリトリーブを開始すると、ルアーはこちらに向かって泳いでくるが、潮の流れに押され少しずつ右(潮下)へずれ、最終的には少し右手側からの回収となる、そんな状況だ。午後6時前、周囲は薄暗くなってはきたが、まだ誰のロッドもしならない。100mほど沖に大きな波紋がときどきできている。「あれ何?」と指をさすと「スナメリみたい」と橋本広基さん。毎年この季節になると数頭のスナメリが回遊してくるそうだ。

シーバスタイムの到来!まずは35cmの小型がヒット

110225seabass02.jpg

時合いが到来し、あちこちで「ヒット」の声!そんな中、ひときわ目立つ良型を仕留めたのは橋本さん。サイズは55cmあった

午後6時を過ぎ、月が昇り、辺りが暗くなってきたらシーバスタイムだ。左側にいた1人がヒットしたよう。ロッドは弧を描き10mほど沖で月明かりを通じて白い波紋を確認。際に寄ってからもテトラの穴に逃げ込もうとするシーバスを抜き上げた。写真を撮らせてくださいと近づくとイケメンヤングが「小さいですが」と苦笑いしながらも獲物を見せてくれた。35cmくらいのシーバスが、最初の1匹だった。次にヒットとしたのは橋本さん。ロッドの曲がりからかなりの大物のようで、タモが出ている。カメラを持って移動しようとしたとき、左側からヒットの声がした。声のほうを振り向くと田中孝司さんもシーバスをヒットしたようだ。

「わあ!どっちを撮影しよう?」

とりあえずカメラから近い田中さんを撮影。次に橋本さんを撮影。と、大忙しとなった。橋本さんが釣り上げたシーバスは55cmあるグッドサイズだった。それからは誰かのロッドがしなるシーンの連続となった。サイズは30~35cmの小型が多くなったが、田中さんは一人で2ケタの釣果を得ていた。さすがである。潮が効いている南側でヒットが連続したが、潮裏となるポイントに入った尾座本さんは苦労していた。それでも粘ってキャストを続け、「やっときましたよ」と、うれしそうにシーバスを見せてくれた。

メバルのヒットに翌日も釣行!今度はメバリングで勝負

110225seabass03.jpg

シーバスからのバイトに恵まれず苦戦していた尾座本さん、粘って、粘って、ようやく1匹!

当日はシーバスを狙ったが、メバルのヒットもあった。よって、翌日(2月19日)は橋本さんと二人で、メバル狙いで釣行した。橋本さんによるとメバルは堤防の先端よりも、少し戻った場所が実績場のようだ。この日も風はなく、穏やかなメバル日和。1キャスト目からアタリが出て、15~21cmが連続でヒット。食いがよかったようで、スローで表層付近をトレースすると1キャストごとにロッドを絞り込むヒットが続いた。

シーバスとのアクションの違いは? とカメラ越しに質問すると、「シーバスは比較的スピーディーなアクションに反応がいいけど、メバルはいまのようにスローなアクションに反応がいいみたいです」と教えてくれた。

3月の荒れ後は良型シーバスの食いに期待大

110225seabass04.jpg

潮の緩みを狙うため、堤防根もとに入った翌日のメバル釣行。その狙いが的中し、良型含みで数ゲット

ポイントは違うの? の質問には、「シーバスは潮の効いている場所が良く、メバルは少し潮の緩みがいいみたい」なるほど。だから今日は堤防の根もとに入ったてことね! 私も勉強させられた。シーバスもメバルもこれからしばらく楽しめそうな状況だ。メバルはこれからも数が出る季節で、サイズアップも望める。シーバスは昨シーズンには3月の荒れた日の翌日に60cmクラスが5本もヒットしたこともあった。楽しみな季節が来た。
大谷善正:三重県釣連盟会長、三重グレ研会長)


スランプ脱出!? 紀東の寒グレ シーズン真っ盛り

尾鷲磯釣大会Ⅰ部の最終日!狙うはイッパツ大物

110218gure01.jpg

いっぱい釣れればもちろんうれしいし、そっぽ向かれても、向かれ続けても、通い続けてしまう魅力を持つのがグレ。不調続きの中、またしても車は三重県尾鷲市の梶賀へ

磯のグレ釣りシーズンも本番となり毎回好釣果! といきたいところですが、年末から絶不調。昨シーズンが絶好調だっただけに、このギャップには堪えます。行くとこ行くとこ撃沈の連続。頑張っても1匹、2匹といった感じで、まったく何も釣れないこともシバシバ。また、天候不順に見舞われることも多く、ようやく釣りにいける日は海水温の低下で魚の活性がガタ落ち…アタリすらない釣行が続いていました。

特に1月中旬から一番悩まされたのはこの水温低下で、恐らく多くのグレ釣り師の皆さんも、今シーズンは急激な水温変化や、例年にない低水温で苦しい思いをされたことと思います。それでもめげずに南紀や紀東に車を走らせるのは、やっぱりグレに魅せられているんでしょうね。そんなわけで2月13日も、車は三重県尾鷲(おわせ)を目指しました。

ここ尾鷲では、例年1月上旬より尾鷲市主催の磯釣り大会「尾鷲磯釣大会」が催されており、今シーズンで24回目。自分も「今年こそは!」とⅠ部(1月8日~2月13日の期間に釣り上げた対象魚の1匹長寸で競う)の最終日に、梶賀(かじか)の磯で大物を狙うことに。大会最終日なのでお客さんは多いだろうと予想していましたが、記録的な大寒波で大阪からの山越えルートが積雪や凍結となり見送った人も多く、今回お世話になった勝三屋渡船さんに集まったのは25人ほど。

あれやこれやと仕掛けを試すも大荒れでうまくいかず…

110218gure02.jpg

渡礁したのは松の下。見張り下とドンビという名礁の間にある磯で、もちろんグレの実績も十分。当日は少々荒れていても大丈夫な高場で竿出し

さて、2隻ある渡船の内、今回は内磯へ向かう船に乗ることになり、人気の沖磯の船と比較すると3対1の割合で、内磯へ向かうお客さんは少ない状況でした。午前6時15分ごろ出港。自分たちを乗せた船は、予定通り内磯へと向かい、まずは他のお客さんを下ろしていき、名前を呼ばれたのは「松の下」というポイントでした。この釣り場は、内磯で人気の「見張り下」と、荒れた日の大本命磯「ドンビ」との中間付近にある磯で、じっくり釣りが楽しめる磯。のはずが、この日は波はないものの、大きなうねりが時折打ち寄せ、驚くほどのうねりによる波が磯を駆け上る変な海況。そんな状況の中、自分は高場といわれる、少々荒れていても平気なポイントに、1人で下りることとなりました。

これだけ荒れていては、普通の釣り方ではお手上げですので、仕掛けを考えること約20分。はじめは2Bのウキに段シズを打ち、3ヒロのタナでスタートしましたが、2投目で見切りをつけ、3Bウキにウキの負荷より多めのガン玉を3段に打った仕掛けを入れました。しかし、これまた3投でやめて、荒れた時の紀東スペシャル仕掛けにすることに…。ウキは1号、タナは3ヒロ取り、ハリ上1ヒロのところに3号の中通しオモリをつけ、ガン玉2Bで固定。オモリとハリとの中間に3Bを1個つけて仕掛けを完成させました。この仕掛けを磯際のグレがいそうな場所にズボ釣りスタイルで入れ込み、グレを狙うスタイルが実績を残しています。

この釣り場では右と左にサラシがあり、その下には複雑に入り込んだシモリ、さらに釣り座付近は海藻が右に左に大暴れし、非常に釣りにくい状況でした。根掛かりもかなりしてしまい、ウキを飛ばすことも3度ありましたが、パラソルですべて回収できてセーフ。そんな釣り場でしたが、何とか魚の口にエサを放り込まないと…と考え、竿下の海藻と根を避けるように、サラシの払い出しにウキを沖に引っ張らせながら、仕掛けを張ってズボ釣りスタイルでアタリを取る釣りを開始します。

力強い引きが手に伝わり良型グレが海面に!

110218gure03.jpg

でかいオモリをつけた紀東スペシャル仕掛けを、竿下へ落としてズボ釣りのようなスタイルで狙うと…やっと来ました久々の良型グレ!

時間は午前7時30分あたりで、いきなり竿先が押さえ込まれ、そのままグ-っと引き込まれるアタリが出ました! そのまま竿の胴に乗るようにアワセを入れると、力強いグレの引きが手に伝わってきます。左右の大きく動くサラシの抵抗がかからないよう魚を誘導させて無事取り込んだのは、いきなりの43cm! 口太グレでした(実はこの日の最大寸)。連敗が続いてグレの引きに飢えていた自分にとっては、感動の1匹となりました。「あ~神様~ありがとう~」と心で感謝したあとは、「ひょっとして大会の最終日。奇蹟がおきるのかも!?」と欲がわいてきます。

ひすらにこの仕掛けで打ち込みますが、しかし、あとが続きません。「やはり欲を出すとこうなるのか…」満潮が昼ごろということで、ウネリのおさまらない海は、容赦なく磯に波を打ちつけ、巨大なサラシを幾度となくつくり、仕掛けをクチャクチャにし、根掛かりを誘発します。そんなとき弁当船が来たので、食事をとりながら1人作戦会議。「サラシが大きいからマキエは沖に流れており、ポイントは沖にあるはず」と判断した自分は、仕掛けを1号ウキに1号の中通しオモリをつけ、タナは4ヒロに。2ヒロとったハリスの中間にG2のガン玉を打って、遠投して送ってみると、かなり流した仕掛けの糸フケにテンションが掛かりました。ききアワセをすると魚信が竿に伝わってきます。

各磯とも好調!50cmオーバーも釣れていた!!

110218gure04.jpg

ほかの磯も絶好調だったようで、50cmオーバーも出ていたようだが、40cm級も仕留め、数もそこそこ上がった当日は釣果に十分満足

シモリが点在しているため、一気にゴリ巻きで引きずりあげてゲットした2匹目は38cm。このあとは少しサラシが落ち着くことが多くなったので、遠投はやめ、標準的なフカセ釣り仕掛けにかえます。G2ウキでタナは3ヒロ、マキエを同調させ、左のシモリ際を攻めていると、ウキが走るアタリを出すことができ3匹目を取り込みましたが、サイズは小さいです。同じ仕掛けで30cmクラスを2匹追加するも、大型の来る気配がないので元の紀東スペシャルに戻します。

今度は中通しオモリの1.5号を、ハリ上50cmのところでセットし、3ヒロのタナで竿をシモリや海藻にかからないように操作し、アタリを待っていると「コツッ」と竿先にアタリが出ました。とっさにアワセを入れてフッキングさせます。この「コツッ」を見送ると、グレはエサを離してしまうので、仕掛け投入後は神経を集中する必要があります。この仕掛け、パターンが当たり、一気に5匹釣り上げて(といってもサイズはのびず…)午後1時30分となったので片付け、2時の迎えの船で撤収しました。

港にかえると、なんとこの日は各磯とも好調で、沖磯、内磯ともに多数のグレが釣れており、特に驚いたのは実寸で52cmや51cmなどの大グレも釣れていたこと。本当はこのサイズを狙っていたのですが、自分には期待していた奇蹟はおきませんでした。しかし、贅沢はいいません。悪釣果が続いていたので、これだけ楽しませてもらい感謝です。紀東の磯はまだまだこれからが寒グレシーズン真っ盛り。大グレの50cm、また夢の60cmオーバーを狙って、足を運ばれてみてはいかがですか?
(井上基:TEAM FINE


サビキで連掛け 春告げメバル とっとパーク小島

潮まわり次第では25cm級まじりに3ケタ釣果も!

110210mebaru01.jpg

現在ではさまざまな魚が「春告魚」と呼ばれているが、関西エリアの釣り人にとって馴染みの深いそれはメバルではないだろうか。釣って面白く、食べてもおいしいのが人気の理由だ

何かと釣りものが少なくなるこの時節、「とにかくおいしい魚が食べたい!」というわけで、1月から好釣果の続いている大阪府岬町の海釣り公園「とっとパーク小島」へ、「サビキメバル釣り」に出かけてみた。潮まわり次第では25cm級まじりで3ケタ釣果もあり、35Lクーラー満タンを夢見て、連日多くの太公望が訪れている。煮つけに塩焼き、はたまた一夜干しやすまし汁、お造りなど、さまざまな料理で楽しめる「春告魚」の数釣りのコツを、実釣記をまじえながらご紹介!

さて、釣行したのは2月2日。午前11時半に到着するも、好調情報を聞きつけた太公望で桟橋は満員御礼状態…。「朝方バタバタと釣れただけですわ」と、階段下付近の大阪側で竿を出していた所属クラブ(神戸投魂会)のメンバーである廣瀬隆介さんは不満顔だったが、それでも、バケツの中には15~18cmのメバルが7匹入っていた。周囲の釣果を聞いてみるも、「朝イチだけでしたわ」「今日は3匹だけ…」と、あまり芳しくない様子。快晴無風のポカポカ陽気は実にありがたいが、当日は大潮まわりで、午前中は引き潮の激流でほとんど釣りにならなかったという。

こだわりの自作ウイリー仕掛けでヒット連発!

110210mebaru02.jpg

多くのファンが集まり、ところせましと竿が並ぶとっとパーク小島。岸和田市の廣瀬さんは朝イチに17cm前後のメバルを7匹ゲット

「昨日までは釣れていた…」というのはよくある話だが、桟橋先端大阪側で竿を出していた和歌山市の世佐木友泰さんは、自作のウイリー仕掛けで15~18cm級をひとりでポンポン釣り上げていた。「ここだけ爆釣やんか!」と、周囲の人たちも目を丸くしていたが、「いったい何が違うのか?」と、世佐木さんと話しているうちに、ハリの大きさやエダスの長さ、ウイリーの巻き方など、すべてが市販品と異なっていることが判明した。

「ここまで釣るために、かなり勉強しましたから…。ハリはチヌの0.3号、ハリ数は15本ぐらい。ウイリーは白色で、エダスの長さは3~4cm。チモトに蛍光玉を入れています」と世佐木さん。たしかに既製品のエダスの長さは、世佐木さんの仕掛けよりかなり長く、ハリも大きいし、ハリ数も少ない。さながらワカサギ仕掛けやチカ仕掛けのウイリー版といったところだが、ハリが小さいためにウイリーを巻くのが大変という。1月末の釣行では、1日で126匹釣ったそうで、この日もクーラーの中にはキープサイズだけで30匹以上入っていた(17cm以下はすべてリリースしていた)。

竿を大きく上下に動かしメバルにアピール

110210mebaru03.jpg

桟橋先端でポンポン釣り上げていた和歌山市の世佐木友泰さん。写真のメバルはキープサイズだけで、15cm以下はリリース。私も世佐木さんに教わりながらおいしいメバルをゲットすることができた

「今日は底で当たるので底で待て!」という先生のアドバイスを実践し、アミエビをたっぷりカゴに詰め、足もとに仕掛けをスルスルと落としていく。着底したら根掛かりしないようにすぐにラインを張って、竿を大きく上下に動かし、マキエとウイリーが同調するように道糸を潮下へゆっくりと送り込んでいくのだが、桟橋全体で180人以上の釣り人が竿を出している状況下では、なかなかメバルの群れを足もとに寄せることができない。それでも、がんばって底付近でエサを撒いていると、キュキューと竿先が絞り込まれ、19cmのメバルを取り込むことができた。その後も15~17cmが単発でヒットしてくるが、20cm以上の良型はウイリーではなかなか食ってこないらしい。


短時間で二ケタ!根魚パラダイス 西浦テトラ帯

障害物少なく根魚にとってテトラ帯は超優良物件!?

110201nezakana01.jpg

淡路島・西浦方面にある各漁港のテトラ帯は根魚のかっこうのすみか。ただし、写真の鳥飼漁港のように足場が悪いポイントもあり、この時期特有の季節風にも弱いので、釣行には細心の注意と安全装備が必要だ

冬場の淡路島の波止釣りといえば、やはりメバルやガシラなどの根魚釣り、という読者の皆さんも多いのではないだろうか。ということで「@ふぃーるど」にて、淡路島での根魚釣行記を書かせていただくという予定になっていたのだが、今年に入り私の釣行タイミングと天候がなかなか合わず、遅くなってしまった。天候のせいにするといけないのだが、私が行こうと思っていたのは、この時期向かい風をまともに受けることの多い西浦方面(瀬戸内側の俗称)のテトラ帯だ。例えていうなら、淡路島を日本列島だとしたら西浦は日本海側。この時期特有の季節風があると海上は白波が立ち、頭から潮をかぶるなど、釣りどころではない。

ところが、今回時間の取れた1月23日(日)の夜は、この時期にしては珍しく風は弱い東の風で、日付が変わる頃に潮も満潮となる好条件。これを逃すわけにはいかないと、急きょ釣行することにした。さて、どうして西浦のテトラ帯がこの時期狙い目になるのかというと、先の「ちゃんねるウエスト」でも書いたことだが、西浦沿岸は全体的に浅くて砂地のところが多い。そのため、障害物に隠れる性質のある根魚はテトラ帯があればそこに隠れるしかなくなる。必然的にわれわれ釣り人は、ポイントを絞りやすくなるのだ。また、先ほど書いたように海の荒れる日が多いが、それが逆に釣り人を釣り場に入らせず、魚へのプレッシャーが低く、魚のストック量もキープされているのだと思う。

リフト&フォールですみかの中へ仕掛けを入れ込む!

110201nezakana02.jpg

ワームと虫エサを使いわけ、うまく沈みテトラのすき間に落とし込むと…さっそく顔をみせてくれたのは良型のメバル!

今回、私が向かったのは、西浦の中でも実績の高い洲本市の鳥飼漁港。ここは沖向き全体にテトラが入っているが、そのテトラの積み方が乱雑で、角度も急とあって釣り人にとっては難易度が高い。しかし、魚にとってみれば隠れるところが多く好都合となっているのだ。今回は、この足場の悪いテトラが舞台となるので、極力荷物がコンパクトにまとめられて移動が楽な、ソフトルアーでのルアー釣りと虫エサをジグヘッドにつける虫ヘッド釣法で狙うことにした。

道具は、メバル用のルアーロッド(ソリッド穂先)に小型スピニングリール、フロロカーボンラインの0.8号にジグヘッド1.5gというものだ。ジグヘッドには、ピンテールタイプのソフトルアー1.5インチと、虫エサの青虫(アオイソメ)を使い分けた。基本的な狙い方は、ソフトルアーでも青虫でも同じで、まず沖に向かって遠投し、フリーフォールやカーブフォールで着底後、沈みテトラの一番沖の部分、海底とテトラの始まりの境目辺りまで(あくまで推測、根掛かりの有無で判断)超スローでリトリーブ。このとき、途中で再度フォール。ルアー釣り的にいうとリフト&フォールということになるのだろう。

魚の活性が高いときは、テトラから魚が出てきているので最初のフォールや、底を取らなくても、中層タダ巻きで当たってくるが、大部分の時間帯はテトラの中に隠れてじっとしているので、うまく沈みテトラのすき間に落とし込んでやるイメージで操作することが釣果のコツ。何分見えない沖の海底のことで、何度も繰り返さないとイメージがわかないが、何度も繰り返しているとうまく魚の目の前に落ちるようになり、コツコツっと小さなアタリが出るようになる。

23cmのメバルのち24cmのガシラと連発!

110201nezakana03.jpg

こちらはもうひとつの好ターゲットであるガシラ。虫エサとワーム、どちらにもアタックしてきた

隠れ家の中で食うと、そこから逃げ込む必要がないからだろうか、動かずにもぐもぐやっているようでアタリは小さいことが多い。そのため、感度のよいソリッドタイプの竿が、アタリが分かりやすいので最適だ。手前の方のテトラには小型が多いので、今回はあまり狙わず、根掛かりしはじめたら回収するようにした。

まずは第1投、ソフトルアーを使い、キャストしフォール。竿先を持ち上げるようにしてアタリを見て、糸フケを巻き取る。これを繰り返すと沈みテトラ際で当たった。イメージ通りのポイントで食ったのは小型メバル。とりあえず、幸先がよかった。その後、同じ場所へ落とし込んでやろうと、テトラの始まるギリギリまでリフト&フォール。すると緩やかに北から南へ(右から左へ)流れていた潮に乗り、根掛かりを連発してしまった。気分をかえて、虫ヘッドで狙うことに。

この「虫ヘッド」は、虫エサが生きているため海底で完全に止めるということもできる。そして、この特性を利用して、よりスローに狙ってみようと思ったのだ。しかし、予想外に、キャスト後のフォール中に中層で当たってきた。軽く合わせるとグングンと力強い泳ぎ。23cmとまずまずのサイズのメバルだった。今夜はそこそこ釣れるぞ! と好感触。そして再びソフトルアーに戻して狙うと、沖の底で小さなアタリ。合わせるとなかなかの引きで、またメバルかと思いきや今度は24cmのガシラだった。ここは、ガシラのストック量も多い。少々釣り人が入ってもこの荒いテトラから完全に釣り切るのは難しいだろう。

今後もシーズンは継続!まだまだ大型も釣れるはず!!

110201nezakana04.jpg

たった2時間の釣りでこれだけの釣果なら大満足。最大は24cmのガシラでそのほか20cm超のメバルも混じった

このあともソフトルアー・虫ヘッド両方でガシラと小型メバルがポツポツと釣れた。その後、まだ良型メバルは釣れるはず、と虫ヘッドで沈みテトラの際へ落とす作戦を続けてみた。何回も投げ続けているうちにラインテンションがかかっていない状態特有の極小アタリが出た! 虫エサなので早アワせは尻尾だけ食いちぎられる元になるので禁物。少し待って食い込ませてからアワすと、パワフルな泳ぎが伝わってくる。これはいいサイズのメバルだと思ったが、沈みテトラ際で掛けているのでラインが擦れそうになる。腕を竿代わりに目一杯のばし、擦れるのをかわすようにリールを巻くと月明かりで魚が浮いてきたのが見えた。やはりメバルだった。先に釣れたのとほとんど同じサイズの約23cmだった。

今回は、結局このサイズが最大。ここでは毎年この時期に25cmが釣れているので、決して大きいというわけではなかったが、私の中でのこの時期のサイズ狙いの近道ポイントであることが確認できた。午後11時から午前1時の2時間で、メバルとガシラそれぞれ6匹ずつの計12匹と、数的にも退屈しない程度には釣れてくれた。皆さんも淡路島での釣行の際は、もしお天気が良かったらなら西浦のテトラ帯へ狙ってみられてはどうだろうか。今後、春の3月、4月のハイシーズンまで、このパターンで良型メバルとガシラは狙える。
(井手良一:まるは釣具洲本店スタッフ)


水深100mから大口開けてボコッ 根魚研究会!?

大型ウッカリカサゴや美味なるイズカサゴが対象

110127nezakana01.jpg

当日集まった研究員?は17人。2隻の船にわかれて、いざ田辺沖の水深100m超ラインへ

「根魚研究会」……あるときは「メバル研究会」であり、あるときは「ヒラメ研究会」であったりするのですが、つまり、いろんな口実というか名目を唱えて、例会以外にも一回でも多く釣りに行こうや、楽しくやろうや、というクラブ員の健気な知恵の出し方なのであります。もちろん口実や名目の相手は、多くの場合が口うるさい(?)家人ということになります。

1月23日、堂々とクラブの「根魚研究会」に参加してきました。行き先は和歌山県田辺の江川港を基地とする貴丸。17人が2隻にわかれて、午前7時に港を離れました。狙いは「オキガシラ」と呼ばれるウッカリカサゴやアヤメカサゴ、そして本命の「オニカサゴ」は標準和名をイズカサゴという高級魚。

仕掛けはテンビンの先に6号ハリスを1.5m取り、ハリはムツバリの17号を2~3本。エサはサバの切り身、サンマの切り身、イカの短冊、ヒイカなどなど。そしてケミホタルや水中ライト(点滅式も)などを各自が思いつき、いや研究の成果を上げようと、テンビンやハリスに装着しています。

僚船はさっそく本命ゲットもこちらは音沙汰なし

110127nezakana02.jpg

底をトントンとオモリで小突きながら、ときどき大きく誘い上げて魚の反応を待つ。食い渋りを我慢していると、右舷トモの新川さんがメダイをキャッチ

ポイントは田辺沖で航程40分足らず。大型の貨物船やタンカー船の航路筋にあたっていて「フルシ」「ヒラセ」「ナカジマ」「イマジ」と呼ばれる粗い岩礁を流し釣りで攻めます。水深は100~150m。オモリが100号。船が大きく旋回して、潮に乗りました。ボクが座ったのは貴丸の左舷ミヨシ。一投目はサバの切り身とヒイカを刺して、ケミカルライトをテンビンの際に装着して、これで魚の様子を探ることにしました。

仕掛けが底について、糸フケを取って、底をオモリで小突きながら、ときにハリスの長さ分だけ誘い上げます。終始手持ちで釣るのですから、多くの人が3mまでの先調子の竿を使っています。あまり長くて胴調子だと、持ち重りがします。

釣り始めて30分。「う~ん、潮が動かんなあ」と船長が嘆いて、トモの方で釣れたのはウツボだけ。僚船ではオニカサゴが上がったようですが、こちらはまだ誰の竿にも根魚のアタリが出ていません。と、ボクの竿先がコクン、コクンとわずかにお辞儀をして、おっ、おっ、ええ感じやん! 100mの底から海面に顔見せたのは25cmぐらいのアヤメカサゴ。ヒイカに食ってきました。

海面に二つの朱色が浮かんで…まずはアヤメカサゴ

110127nezakana03.jpg

やっとこさアタリが出だしてボクはアヤメカサゴのダブル。1匹は良型で33cm。酒井さんも小ぶりながらアヤメカサゴをゲット。吉田さんには珍しいエビスダイが来て、真打は和田さん、40cm級のオニカサゴににんまり。オニカサゴが食い付いたのはサバの切り身で、やっぱりこのエサが最高?

しかし、あとが続きません。ガシラやオニカサゴは仕掛けが底に着くとすぐに食いつく、というのが理想的なのですが、この日はなぜか食いが渋いのです。「辛抱、辛抱」とつぶやいていると、右舷のトモで新川さんが65cmほどのメダイを上げました。根魚釣りでメダイ……あまり経験がありません。

船が幾度も潮上りを繰り返し、ポイントをいくつも変えながら、そしてボクらはエサをあれこれ付け替えたり、ケミホタルを付けたり外したりするのですが、イマイチ魚の反応がありません。しかしというか、やっとこさというか、そんな感じで竿先にグイグイと明確な魚の反応が出ました。揺れの激しいミヨシですが、立ち上がってやり取り。海面に二つの朱色が浮かんで、20cmほどのと、30cmオーバーのアヤメカサゴが食いついていました。

110127nezakana04.jpg

吉田さんと荻尾さん(囲み写真)に35cmほどのオニカサゴが来てこの日の研究会は終了。下は僚船で上がった良型で、井上さん(左)が仕留めたのは47cmもある大型ウッカリカサゴ!

背中あわせの酒井さんにも25cmほどのアヤメ、続いて小ぶりのオニカサゴもヒット。隣の竹内さんは竿先を大きくしならせて、40cm近いウッカリカサゴをゲット。左舷トモの吉田さんは珍しいエビスダイ。ウロコが大きく硬いので「ヨロイダイ」とも呼ばれ、なかなかの高級魚とか。

ええぞ、ええぞ、やっと船の中がにぎやかになってきて、左舷胴の間の和田さんに待望の良型オニカサゴが来ました。40cmをラクに超えて、猛々しい風貌をしています。いいポイントに入ったのか、右舷の荻尾さんにも35cmほどのオニカサゴが食いつき、納竿間際の午後1時ごろ、吉田さんにも35cmほどのオニカサゴ、そしてタイムアップ。この日はついに潮が本格的に動くことがありませんでしたが、ウッカリカサゴにアヤメカサゴなどにぎやかに釣れて、本命オニカサゴの顔を見ることもできました。

なお、当日の模様はサンテレビ「ビッグフィッシング」で2月10日(木)放送予定です。
(南村健治:阪神沖釣クラブ


キビレ&スズキ 春呼ぶエビ撒き 甲子園浜石畳

風が吹いてもどこかに風裏のある西宮周辺

110121ebimaki01.jpg

西宮周辺では、エビ撒き釣りの調子が上向き!ってことで、甲子園浜の石畳へ。当日は左に矢野さん、右に久保店長の布陣でスタート

寒さ厳しい季節ですが、私のホームグラウンドである兵庫県の西宮周辺では、そろそろエビ撒き釣りが上向いてくる頃。例年2月にはスズキが、3月にはチヌが好シーズンを迎えます。これにいつも元気なキビレも加わって、楽しいシーズンとなるわけです。1月16日には今津港(いまづこう)で50cm前後のハネが4匹ほど釣れていました。そこでまだ走りの時期ですが、1月17日の午後より尼エサ西宮店の久保店長と、TEAM A・E・S会長の矢野さんを誘ってエビ撒き釣りに出かけてきました。

この日は西からの強風が吹きつけており、そのため釣り場を限定され、風裏となる甲子園浜(こうしえんはま)の石畳にやってきました。実はこの場所へ来る前に御前浜(おまえはま)へ行ったのですが、強風のため移動してきたのでありました。久保店長は今日が初釣りということもあり、気合が入っています。海浜公園の北西エリアにある石畳に到着すると予想通りの風裏で、問題なく釣りができそうでした。ここ西宮周辺の釣り場はどこかに風裏があるので非常に助かります。

マキエの中のサシエに変化与えてアピール

110121ebimaki02.jpg

最初に竿を曲げたのは2011年の初釣りとなった久保店長。難なく仕留めたのは45cmとグッドサイズのキビレ!

時間は午後3時。3人の釣り座は海に向かって左から矢野さん、私、久保店長の順。ポイントの水深は竿3本ほど沖を狙う場合で3ヒロほどです。この時期は魚の活性も低く、底を中心に狙うため、ウキ下も水深と同じ3ヒロから始めます。仕掛けですが、とくに重視するのはウキの感度。1~2月は魚の食いが落ちる季節で、ましてや連日の寒さでよけいに食い渋りがあると思われるため、感度のいい棒ウキを使います。

関西ではおなじみとなっているシラサエビを使ったエビ撒き釣りですが、私たちが重要と考えるのは、マキエとサシエの同調です。自分のサシエをマキエの流れの中に入れ、流していくことが大切です。そのため、まずは潮の流れを知る必要があり、流れに合わせてマキエを撒いていきます。西宮周辺のポイントは比較的水深の浅い場所が多く、シャクを使った上撒きで対応できますが、水深のあるポイントでは底撒き器を使うのもアリです。

そして肝心なのが誘い。マキエとともに流れていくサシエに変化を与え、魚にアピールするわけです。誘いを入れたときにアタリが出ることも多々あります。アタリが出た場合ですが、食い渋りのあるこの時期はウキが沈むまで待って合わせた方がいいと思いますよ。

竿を叩くアタリは鯛系?予想通りの良型キビレ

110121ebimaki03.jpg

矢野さんにハネが来たあと、ようやく私にも40cm超のキビレが!ボーズでなくてよかった~

釣り始めて小一時間、まずは久保店長のウキにアタリが! やはり渋いアタリでした。前アタリのあとゆっくりと、段階的にウキが入っていきます。バシッと合わせて、やり取りを開始します。重量感から良型のようですが、そこは久保店長、うまく誘導して寄せてきます。タモに入ったのは、グッドサイズのキビレ45cmでした。カメラを向けるとすました顔をしていますが、初釣りでの釣果とあって内心はホッとしているはずです。しかし、私にはアタリもありません。次にアタリがあったのは矢野さんでした。こちらも小さなアタリでしたが、見逃さずにアワセを決め、難なくゲットしたのはハネ。私にはまだ、アタリもありません…。

そして釣り始めて2時間ほど経った午後5時前、沖ではなく石畳の際を、タナ1ヒロ半ほどで流しているとウキに違和感があり、穂先できき合わせてみると…コンッ!! 「キ・タ・で~!!」と言いつつやり取りを始めます。そこそこの重量感で、竿先をコンコンと叩くような感触があります。キビレ? そう思っていると浮いてきたのはやはりキビレで、取り込んだ魚は42cmでした。「あっぶね~」ようやくボーズを回避できました。この食いの渋い中の1匹はうれしいですね。

全員ボーズなし!最後の最後にスズキもヒット!

110121ebimaki04.jpg

ベテラン矢野さんが時間をかけ、慎重に取り込んだ魚は70cmを超えたスズキ!本当に型ぞろいのいい釣りができた1日

際で釣れたことを話すと、さっそく矢野さんも際狙いに変更。するとすぐに矢野さん竿が大きく曲がりました。やり取りを見ていると沖には走らず、際沿いを走っています。「浮いてけーへん!!」けっこう大物のようで、ほかに釣り人がいなかったため、魚の走る右方向へ移動しながらやり取りします。5分ほどしてやっと海面に大きな口が!! 浮いてきたのはスズキで、無事にタモへ。サイズを測ると71cmと良型でした。もう少し水温の高いときは、スズキクラスになると沖に走っていくのですが、やはり水温が低いんでしょうね。この1匹をラストに、午後6時前に納竿。実質3時間ほどの釣りでしたが、今回は型のいい魚がそろって良かったです。

西宮周辺では、今後もエビ撒き釣りでキビレやチヌ、ハネ・スズキが狙えます。さらに春が近づくにつれ乗っ込みの好シーズンも近づき、食いもさらに上向くと思いますので、皆さんぜひ、楽しんでみてください。次回は、今回釣れなかったチヌの釣果をレポートできるよう頑張ります。
(美馬純也:TEAM A・E・S


雲出古川河口 寒さ吹き飛ぶ シーバス爆釣劇

ベイトが表層に集まる夕まずめに期待しキャスト

110121seabass01.jpg

雲出古川河口の左岸テトラ帯でキャスト。写真は同行した加藤さんで、ナイトゲーム定番・ゴールド系カラーのミノーを使い、元気なシーバスを連発!

厳しい寒さが身にしみる毎日。一般的に私たちシーバスマンにとっては、オフシーズンといえる季節である。大型の個体は深場に落ちて産卵を行い、湾奥に残っている個体に関しても、低水温の影響からかルアーへの反応は非常に悪い。しかし、シーバスが釣れなくなるわけではなく、ベイトの集まる場所や活性の上がるタイミングを見極めることにより、大爆釣といったことも珍しくはない。

そんな大爆釣劇で厳しい寒さを吹き飛ばそうと、1月18日の夕方より、釣友の加藤さんと中野さんを誘って、津市を流れる一級河川雲出川(くもずがわ)の分流である雲出古川(くもずふるかわ)河口へと足を運んだ。辺りがうっすら暗くなり始めた午後5時よりキャストを開始。シーバス爆釣へのシナリオとしては、夕まずめ表層へと浮いてきたプランクトンにつられる形で、ベイトとなる小魚が水面付近へと集まり、それをシーバスが捕食するという自然界の食物連鎖が起こる一瞬のタイミングを狙うのである。

40cm前後の入れ食いに満足できず…

110121seabass02.jpg

中野さんにも元気なシーバスがヒット! エラ洗い時にロッドのテンションが抜けないよう慎重にやり取りするのがバラシ軽減のコツ。セイゴサイズはタモを使わず、ロッドのバットパワーを生かして引っこ抜く

まずは、この時期のベイトの代表格ともいえるイカナゴを意識し、12cm前後の細身のミノープラグやシンキングペンシルで表層から反応をチャックしていく。すると1投目から「ジィーーー」と全員のドラグ音が響き渡る形となり、トリプル、ダブルと全員が連続ヒットとなった。サイズこそ40cm前後が中心ではあるが、まさに入れ食い状態である。開始早々から、大満足といって良いほどの状態を楽しむこととなったが、こんな状態に入ると人間とはさらに欲が出るものである。

あとはサイズが欲しいなどと、贅沢な気持ちが3人に芽生え始めたときだったであろうか? 中野さんのロッドが大きく弧を描いている。豪快なエラ洗いは明らかに、いままでのサイズとは違う。ロッドを下げシーバスのエラ洗いをコントロールしつつ、上がってきたのは、50cmクラスのグットコンディションのシーバスであった。その後もシーバスからのバイトは止まらず、辺りが暗くなるとともにサイズは良型がそろい、加藤さんと私も50cmオーバーのナイスなシーバスをキャッチすることとなった。

季節が進めばさらに楽しいシーズンに突入!

110121seabass03.jpg

私にはこの日最大となる55cmがヒット。無事にキャッチしてにんまり。この他、多くの50cm前後がヒットし、楽しいひと時を過ごすことができた

まだまだ釣れる気配はあったが、十分にシーバスゲームを堪能できたということで、午後7時前に大満足で納竿とした。今回は、ルアー選択、場所、時間帯とすべての要素がシナリオ通りに合致する形となった。サイズに関しても、50cmアップが多く混じるなどこの時期としては大満足といえる。今後はさらに水温は下がり、シーバスゲームにおいては、非常にセレクティブな時期に突入するといえる。しかし、深場で産卵を終えた大型シーバスは湾内に戻り、湾口でふ化したコウナゴ(イカナゴの稚魚・三重県の呼び名)などのベイトも接岸が期待できる季節となってくる。タイミングさえ合えば、今回のような爆釣劇がもうワンサイズ上がった形で楽しめるはず。寒い冬にはシーバスゲーム。これで決まりである。
(橋本広基:魚魚クラブ)


普通に釣れる!しかも型ぞろい!! 寒チヌ落とし込み

午後からシケのため午前中だけの短時間勝負

110118chinu01.jpg

写真は昨年2月16日にサンバシで仕留めた年無し52.4cm。寒い中でもチヌはかわらず僕らの挑戦を待っている! そんなワケで1月15日も寒波到来の中、たまや渡船に乗り込み大阪北港のポイントへ

各地に大雪を降らせた大寒波の週末の1月15日(土)、海が荒れるまでの午前中限定で、大阪北港へチヌの落とし込み釣りに行って来ました。ココで少し自己紹介。私のカテゴリーは9割以上がチヌの落とし込みで、ときどき磯でグレのフカセ釣りやエギングも楽しんでいます。雑誌時代の釣りサンデーにはよくお世話になりました。今後はこちら釣りサンデーウェブマガジンでレポートしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今回は専門のチヌの落とし込みをレポートさせていただきます。「え? この寒いのに落とし込みで釣れるの?」と、夏の釣りのイメージをお持ちの方もおられるとは思いますが、少しの経験と寒さに打ち勝つガッツさえあれば問題はありません。当日はまさに寒の落とし込みでした。

普段は昼前からの釣行で十分楽しめるのですが、今回はシケることもあり、朝一番の午前6時の渡船に乗り込みました。まず上がったのはヨットハーバーの波止で、ココは水深が2ヒロ前後と浅いのですが、寒い時期でも元気なチヌが当たってきます。薄暗い中なんとか仕掛けの準備を済ませて1投目。海水温こそ低そうですが、よい感じの潮流があります。期待を持ちつつ2投目、エサの地エビが底に着くか、着かないかで「コンッ!」と音が聞こえて来そうなアタリが! 一呼吸おいてアワセを入れると、腕が肩のあたりで止まります。思わず「ヨッシャ!」と声が出ます。

風に負けずエサを際にキープ!これが寒チヌへの近道

110118chinu02.jpg

最初にアプローチしたのは浅場のヨットハーバー。2ヒロ前後の水深を丁寧に落とし込み、チヌからの反応を待つとさっそく2投目に良型が!

水温は測っていませんが10度を割ってそう。そんな中、早々のご対面に思わず笑みがこぼれます。無事ランディングできたのは47cmぐらいの精悍な顔つきのチヌでした。そう、この時期の魅力の一つに「型が良い」ことも上げられます。以降も2ヒロの底までエサを丁寧に落とします。ただ西風が強いので、仕掛けが風にあおられて、エサが際から離れないように操作が必要です。このことさえ心掛ければ、寒い時期の落とし込みでもチヌとの距離がグッと縮まります。

通常、冬の落とし込みでは下層から底で当たることが多いものですが、当日は低気圧接近前と条件も良かったので、矢引き程度の浅いタナでもアタリがあり、結果2時間少々で43~49cmまでを5匹と、寒さを忘れるようなホットな釣りができました。ここで午前9時ごろ、安全のために渡堤人数の多い夢洲のサンバシに船で場所移動します。このサンバシは、先ほどのヨットハーバーと違って足場は低いのですが、水深が8m前後あり、落とし込みで底まで狙うのは少し辛いものがあるので、ある程度タナを絞って臨みます。

状況をもとにチヌのつき場を予想…これが正解!

110118chinu03.jpg

ヨットハーバーでは5匹の良型をゲットし、午前9時の見回り船で夢洲のサンバシへ。こちらは水深があるため最初は狙いのタナを絞ってアプローチし、そのときの状況に合わせていくのが正解

先ほどのヨットハーバーでのこともあり、目印イッパイの約2ヒロまでの沖向きを探っていきます。しかし、アタリは1度だけで、水深がある分チヌのつき場が深い可能性を感じたので、リールから出した片手分の糸(1ヒロ程)を目印沈没後、送り込むことにしました。これが良かったのか、糸を送り出した直後にエサの落下が止まる「止めアタリ」が出ました。すかさず水平方向にアワセを入れ、魚を竿に乗せます。直後にこの時期特有の下に潜る引きが始まり、戦闘開始。

こうしてサンバシのチヌとも無事ご対面。撤収まで残り1時間足らずなのでUターンし、帰路は波止の内向きを探ります。内向きは実績こそあるものの夢洲の工事をやっており、台船を押す作業船の波が強烈にさし、お手あげに近かったのですが、「これも経験の内」と前向きに内側を探り、ちょうど押し波と本来の潮流が重なった付近で、エサのパイプがアゴ下の少し入った所(タナ約1m)で止めアタリが出て、これもフッキングに成功。

49cmを頭に40cmオーバーのみ7匹の好釣果

110118chinu04.jpg

サンバシでも40cmオーバーの良型を2匹。まだまだ寒い日は続くが、北港の落とし込みではアツい釣りができるはず!

水温低下からか、本来のスピードにはおよびませんが中々浮かない粘りのある引きを堪能してタモに収めます。これが今日最後のチヌとなり、午前中に43~49cmを7匹と好調で、アタリそのものは釣れたチヌの倍くらいはあったと思います。こうして実績を積み重ねることで自分なりの冬の落とし込みのスタイルが確立していき、より楽しめるようになると思います。そう思いながら午前11時、海が大荒れになる前に納竿、引きあげました。

通常の落とし込みで狙うタナ(着水時~2ヒロ程度)までを、状況を加味しながら丹念にチェックし、アタリがなければ少しずつ道糸を送って深いタナを探ります。ここで大事なことは、ドンドン深く探る一方で、状況を常に観察し、時折浅いタナに戻して狙うことです。寒い時期とはいえ、やはり浮いてくるチヌは活性が高く、「こんな寒いのに海面下で食って来た」といったことは過去、普通に何度もあります。

以前…、一昔前は寒い冬場の落とし込みはかなりコアな釣りで、酔狂な人がする釣り(笑)みたいな部分がありましたが、現在はエサ、釣り方、場所などの研究がなされ、盛期ほどではありませんが、相応の釣果と楽しみ方が浸透してきています。当日は海が荒れる前でしたが、暖かい日が続いたときや海の静けさが戻ったときなどは気楽に出掛けられると思います。ちなみに、寒波だった年末年始の釣り納め・初釣りは両日とも10匹前後の釣果があり、内4匹は年無しと好調でした。昨年から好調を維持している大阪湾のチヌ、今季も外は寒くても心は温めてもらえるかも、ですよ。
榎本純一:大阪1091倶楽部)


© RSSで配信されている記事等の著作権は当該記事等の発行者に属します
© All rights of RSS contents are reserved by authors of respective RSS contents