アメリカの銀行のチェック(個人用小切手) の変更点


*銀行のチェック(個人用小切手) [#rba38ce1]

#ref(アメリカ生活@豆知識/a-kogitte3.jpg,nolink,around,right)

アメリカにおいては賃貸住宅(貸家、タウンハウス、アパートメント)、公共料金、インターネットやケーブルTV、携帯電話等は基本的に''チェック(個人用小切手)''をきって支払うことになります。(オートペイでの支払いもあります)

''チェック''は銀行口座を開設した時に銀行から送られてきます。

また、個人でいろんなデザインをオーダーすることも出来ます。(有料)

なお''銀行の開設方法''は[[銀行口座開設>アメリカにおける銀行口座開設]]のページを参照してください。


#img(,clear)

#br

*チェックブックの書き方 [#l50c24b0]

#ref(アメリカ生活@豆知識/a-kogitte2.jpg,nolink,around,right)

-①には''住所・氏名''があらかじめ印刷してあります。

-②は''決済する日''を記入します。(例 : 2008年10月1日の場合、10.1.08 または Oct.1.08)

-③は''支払先の名称''を記入します。(例 : ABC Apartment Company)

-④は''支払う金額を数字''で記入します。(例 : $153.25)

-⑤は''支払う金額を英語''で記入します。(例 : One hundred fifty three and twenty fiveー)

-⑥は''自分の覚え書き(メモ)''です。(ここは日本語で記入してもOK)

-⑦は''銀行に届けているサイン''を記入します。

-⑧には''銀行口座''があらかじめ印刷してあります。

#img(,clear)

#br

* [#i871b311]

CENTER:[[アメリカ生活@豆知識]]に戻る

#br